妊婦は温泉に入れる?医学的に問題ない?嬉しい効果も

赤ちゃんが生まれたら、なかなかゆっくり温泉へ行くこともできません。そこで妊娠中に温泉旅行を計画する妊婦さんもいます。しかし、妊婦さんが温泉に入る場合、知っておきたい注意点があるのです。マタニティライフの思い出を増やすためにも、安全な温泉の楽しみ方を知っておきましょう。

妊婦は温泉に入っても大丈夫?

妊婦 温泉

まず確認しておきたいのが、妊婦さんは温泉に入っても大丈夫なのか、という疑問。妊婦さんは温泉を控えるべきという話しがよく聞かれますが、実はこれは医学的に根拠はなく、問題はないといわれています(※1)。

環境省による温泉の成分や入浴上の注意を定めた「温泉法」の基準では、2014年7月、入浴を避けるべき「禁忌症」の中から「妊娠中」という文字を削除しています(※2)。それまでは1982年に定められた規定によって、温泉側に妊婦の入浴について注意文を提示するように求めていたものの、「根拠がない」ということからこの規定の削除が認められたのです。

これによって、現在は妊婦さんもより安心して温泉を楽しめるようになりました。

それでも妊婦に温泉が危険視されている理由は?

妊婦 温泉 危険 注意

転倒やのぼせ、温泉ならではの危険

妊婦さんに限らずとも、温泉には転倒したりのぼせる可能性があるなどの危険があります。特に妊娠後期の妊婦さんの場合は、お腹が大きくて足元が見えづらいこと、体のバランスも通常時よりも取りにくいことが危険を高める理由として挙げられます。妊娠初期の安定期に入る前の妊婦さんにとっても、転倒は好ましくはありません。

さらに、妊婦さんは血圧の値が平常時は異なるため、長時間の入浴でのぼせることで悪影響があってはいけない、ということも心配されています。

温泉の泉質が刺激を与える可能性

温泉には肌によい様々な有効成分が入っています。しかし、ホルモンバランスが崩れている妊婦さんにとって、この温泉成分が思いもよらない反応を起こす可能性があります。そのため、温泉施設が利用者とのトラブル回避のために、「妊婦(特に妊娠初期や後期)の入浴はご遠慮ください」といった注意書きをしているところがあるようです。

妊婦にもたらす温泉のうれしい効果

妊婦 温泉 効果 成分

ここまで妊婦さんへの温泉の危険性をご紹介しましたが、もちろんネガティブなことばかりではありません。妊婦さんが温泉に入ることで、以下のようなうれしい効果があることも知っておきましょう!

冷え性に温泉が効果的

赤ちゃんを安定して育てるためには、妊婦さんの冷え症は大敵です。温泉は体を温めてくれる効果がありますが、妊婦さんも同じ。冷えを解消し血行をよくするので、母体によいといわれています。

マタニティブルーの軽減

妊婦さんは何かとブルーになることが多く、「マタニティブルー」といわれる一種のうつ症状や、睡眠障害を抱えてしまいがち。温泉は心身共にストレス状態をほぐしてくれる効果が期待できます。

赤ちゃんが産まれるのは楽しみだけど、不安が大きい、体がつらくて眠れない、ということがあれば温泉がよい作用をもたらしてくれるかもしれません。

妊婦が安全に温泉を楽しむために気を付けたいことは?

妊婦 温泉 注意

温泉旅行はできるだけ近場で

妊婦さんは、妊娠初期であれ後期であれ、どのようなトラブルが起こるか予測できません。温泉旅行へ行くことを制限する必要はありませんが、万が一のことを考慮してあまり遠出するのはやめましょう。

長時間の移動は母体に負担をかけてしまいます。ママの疲れは赤ちゃんの疲れでもあります。お腹の赤ちゃんの健康を第一に考えましょう。

マタニティプランのある温泉宿がおすすめ

温泉宿の中には、マタニティ専用の温泉プランを用意しているところがあります。ノンカフェインやノンアルコールドリンクがプレゼントされるなど、妊婦さんへ配慮されています。

また、マタニティプランのない温泉宿を予約する際は、事前に妊婦であることを施設に伝えておくと安心です。

入浴中は一人にならない

温泉に入る時は、濡れた床に気を付けて転倒しないように十分に気を付けてください。気持ちのよい温泉も長湯はのぼせ風呂の原因に。いざという時に備えて、入浴中は一人にならないように留意しましょう。

また、できるだけパートナーや家族に付き添ってもらえるよう、客室に温泉がついている部屋を選ぶとよいですね。

妊婦も温泉を満喫して心と体を癒やそう

妊婦 温泉 夫婦

妊婦さんになると温泉旅行はもう行けないと諦めていた人もいるかもしれません。実は、妊婦さんが温泉に入ることは、医学的には問題ないことがわかっています。その上で、今回ご紹介した注意点をしっかり把握して、温泉を楽しんでください。

赤ちゃんを出産すると、育児が落ち着くまではなかなかゆっくりと温泉へ行く機会も減るかもしれません。ぜひ今のうちに、日頃の疲れを癒やしてくださいね。

※1 参考文献:公益社団法人日本産婦人科医会報「妊娠と温泉」
※2 参考文献:環境省 温泉法第18条第1項の規定に基づく禁忌症及び入浴又は飲用上の注意に掲示等に関する新旧対照表

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールママをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter LINE@