産後抜け毛はいつからいつまで続く?治らない抜け毛は危険?

産後抜け毛は、妊娠・出産を経た女性の多くが悩む生理現象です。女性にとって髪の問題はとってもセンシティブですが、一体いつからいつまで続く症状なのでしょうか。産後抜け毛の原因や対策法と共にご紹介します。

産後抜け毛とは? 誰にでも起こるもの?

産後 抜け毛 いつまで

産後抜け毛は、妊娠・出産を経験した女性が直面するトラブルのひとつです。「分娩後脱毛症」や「産後脱毛症」といった別名でも呼ばれています。

通常、健康な人であっても抜け毛は毎日生じるもので、一定のヘアサイクルのもと新しい髪の毛が生えてきます。しかし、妊娠中は女性ホルモンの影響で、髪の毛が一時的に抜けにくくなっています。

出産すると、ホルモンバランスが変わることで、妊娠中に抜けなかった髪の毛が一気に抜け落ちます。これが産後抜け毛の原因です。妊娠・出産を経験した女性であれば誰にでも起こりうる生理現象といえます。

産後抜け毛はいつからいつまで?

いつから いつまで 時期 カレンダー

出産直後~産後2・3ヶ月頃

特に初産のママは、産後抜け毛がいつからいつまで続くのか気になりますよね。個人差があることは前提にありつつも、多くの場合、およそ産後2・3ヶ月頃から抜け毛が始まります。実は、実際には出産2~3日後には既に抜け毛が始まっているものの、実感するのは産後2・3ヶ月頃からだといわれています。

これは、妊娠中に髪の毛を維持していた女性ホルモンの「エストロゲン」の分泌が出産と同時に急激に激減するためです。

産後4ヶ月~6ヶ月頃

産後に激減する「エストロゲン」に対して、母乳放出ホルモンの「プロラクチン」の分泌が増加します。「プロラクチン」は髪の毛の成長を鈍らせる働きがあるため、授乳中の抜け毛を助長します。抜け毛は産後4ヶ月~6ヶ月にピークを迎えます。

産後6ヶ月~1年頃

半年以上も抜け毛が発生していると、いつまで続くのか、このまま一生薄毛のままではないかと心配になってしまいます。しかし、一般的には、6ヶ月から1年ほどの間で抜け毛は治まってくるケースが多いようです。個々のホルモンの影響で、いつまで抜け毛が続くのかははっきりとはわかりませんが、時間の経過と共に改善されますので、心配し過ぎないことが大切です。

産後抜け毛がいつまでも治らない場合は専門家に相談を

クリニック 医師 相談

一方で、1年以上いつまで経っても抜け毛が改善されない場合、円形脱毛症などを併発している場合は、ホルモン分泌とは異なる原因が抜け毛を引き起こしている可能性があります。

女性の慢性的な数毛症状である「びまん性脱毛症」を発症しているかもしれません。抜け毛の症状が長引くようであれば、一度専門家に相談しましょう。

産後抜け毛はいつまで放っておいていいの? 早く治す方法はある?

女性 抜け毛 髪

産後抜け毛はいつまでも続く現象ではありませんが、できることから対策を始めると早期改善が期待できますよ。一番いけないのは、抜け毛を気にし過ぎて精神的ストレスを溜めてしまうことです。以下では、自宅で簡単にできる対策法をご紹介します。

育毛用のシャンプー、育毛剤を活用する

産後の弱った髪の毛と頭皮を労わってくれる、育毛効果のあるシャンプーや育毛剤を活用しましょう。安価なシャンプーは洗浄力と泡立ちをよくするために、石油由来の化学合成成分を使っているため、抜け毛を悪化させる原因に。できるだけ、天然由来成分でつくられているやさしいシャンプーを使うようにしましょう。

髪によい食べ物・栄養を摂る

出産すると赤ちゃんのお世話に夢中になってしまい、自分のことはおろそかになりがち。また、母乳をつくるために、髪への栄養は後回しになってしまいます。抜け毛の悪化を防ぎ、健康的な髪を育てるためにも、タンパク質やミネラルなど、髪によい栄養を意識的に摂取するようにしましょう。

野菜や和食を中心に、わかめなどの海藻類、たまご、青魚を摂るようにしましょう。

眠れる時によく眠る

髪の育毛には休息も必要不可欠です。授乳や夜泣きで夜中に熟睡するのは難しいかもしれませんが、できるだけ眠れる時にはぐっすりと熟睡するようにしましょう。安眠できるように就寝2時間前からはリラックスできるよう工夫をしてください。

産後抜け毛はいつかは終わるもの

産後 抜け毛 いつまで 育児

産後抜け毛はいつまでも続く症状ではありません。気にし過ぎてしまうと、ストレスによって血行不良になり、頭皮環境や育毛に悪影響を与えます。「いつかは終わるもの」と楽観的に考えて、上手にストレスを発散しながら育児を楽しみましょう。

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールママをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter Twitter