妊活を始めたらサプリを飲むべき?不妊症への効果や選び方

「そろそろ赤ちゃんが欲しい」と妊活を始める人は、妊活サプリについても知っておくことをおすすめします。妊娠の確率を高めるためには、基礎体温を計ったりタイミングを計るだけでなく、摂るべき栄養にも気を遣うことが大切です。不妊治療をしているカップルにも参考にしてもらいたい、妊活サプリの効果や選び方をご紹介します。

妊活中にサプリは必要?

栄養を補うサプリメント

妊活中の女性は、規則正しい生活を送ることやストレスを溜めないことなど、生活習慣を整えて妊娠しやすい「カラダづくり」をすることが大切です。

また同時に、妊娠しやすいカラダづくりに、必要な栄養を摂取することも大切。しかし、いくらバランスのよい食事を心掛けていても、すべての栄養素を食品や食材から摂取することは現実的に難しいでしょう。

厚生労働省の情報提供サイト「e-ヘルスネット」では、妊活をしている女性に対して、食事からの葉酸の摂取に加えて、栄養補助食品、すなわちサプリメントからの栄養摂取を推奨しています(※1)。

食事から摂取できる栄養は限られているため、不足しがちな栄養素はサプリを上手に利用し、効率的に補ってあげることが必要です。

妊活サプリの種類

散らばった種類の違うサプリメント

一口に「妊活サプリ」といっても、成分や効果が異なる種類があります。妊活を始めたばかりで、何がよいかわからない人は、まずは妊活サプリの種類を知ることから始めましょう。

妊活サプリ1.葉酸

厚生労働省によって、妊活中の女性に1日に480μg(マイクログラム)の葉酸を摂ることが推奨されていることから、「妊娠=葉酸が必要」であることは、プレママを中心に広く認知されています。

葉酸は水溶性ビタミンのため、水に溶けやすく熱に弱い性質を持っています。そのため厚生労働省では、1日に必要な葉酸摂取量のうち、400μgはサプリから摂るように通知を出しています。

妊娠前、または妊娠初期に葉酸サプリを摂取することで、赤ちゃんの出生児における神経管閉鎖障害のリスクを70%低減させることができるといわれています。また、妊活中に葉酸を摂取することで、子宮内膜を厚くし着床率をアップさせる効果が期待できます。

妊活サプリ2.マカ

不妊症に悩まされている女性たちの間でよく話題になるサプリといえばマカ。マカは「アンデスの女王」という別名を持つペルー原産の植物です。マカは滋養強壮が強く、疲労回復、若返り、ホルモンバランスを整えると共に血行を促進するなど、様々な効果が期待できます。

女性に対しては、女性ホルモンの分泌を促すことで、月経不順や排卵障害を解消する効果があります。また、男性の勃起不全や、精子の運動率をよくして精力アップの効果が期待できるため、妊活を始めたら夫婦で一緒にマカサプリを摂るとよいですね。

しかし、マカサプリは滋養強壮が強すぎるため、合う・合わないに個人差が出るようです。マカサプリを摂取する際は、様子を見ながら自身の体調と相談しながらにしましょう。

妊活サプリ3.レスベラトロール

ポリフェノールの一種で、抗酸化作用により卵子の質を改善する効果があります。不妊治療による体外受精などで、卵子の質がよくない人におすすめされるサプリです。また、男性の不妊の原因のひとつである、勃起不全の改善にも働きが期待できます。

妊活サプリとしてのみならず、美肌やアンチエイジング、肥満、認知症改善に内服されています。

妊活サプリ4.コエンザイムQ10

コエンザイムQ10は、抗酸化作用を持つ栄養素で、妊娠しやすいカラダづくりを助ける効果があります。女性の卵子の老化を防いでくれるため、高齢出産を希望する女性におすすめ。また、男性の精子の質をよくする働きもあるため、夫婦で摂取したい妊活サプリです。

なお、コエンザイムQ10サプリは、ビタミンCやビタミンEと一緒に摂取するとより効果があることがわかっています。サプリの種類として「酸化型」と「還元型」がありますが、還元型を選ぶようにしましょう。

妊活サプリの選び方は?

妊活サプリ 選び方 ?

まずは葉酸サプリがおすすめ

妊活サプリは個々の目的に応じて選ぶとよいですが、お腹の赤ちゃんの障害発症リスクを軽減させるために、まずは葉酸サプリを選ぶのがおすすめです。

それを踏まえて、不妊症に悩んでいたり、妊娠を促したいといった希望がある場合は、他の妊活サプリを選ぶとよいですね。

栄養素が十分に含まれている妊活サプリ

海外商品など中には、栄養が十分に含まれていない妊活サプリがあります。例えば葉酸サプリであれば、1日に必要な400μgの葉酸が配合されているものを選びましょう。購入前に、必要な栄養素が十分に含まれているか事前にきちんと確認してください。

他の栄養素も一緒に摂取できる妊活サプリ

葉酸といった主成分のほか、ビタミンCや鉄分、カルシウムなどの妊娠によいとされる他の栄養素を配合している妊活サプリがおすすめです。

安全性・信頼性が高い妊活サプリ

妊活中や妊娠中に安心して摂取するためには、無添加で安全な原材料でつくられた妊活サプリを選びましょう。厚生労働省が定めた基準を満たすGMP(適正製造規範)準拠工場でつくられていることが「安全性」の目安となります。

妊活サプリは毎日続けよう

サプリメントを飲む女性

妊活サプリは即効性のある薬ではなく、医師から飲むことを強制されるものでもありません。すぐに効果が期待できるものではないので、自発的に毎日飲み続けて継続的に体をつくっていくことに意味があります。

その点を考慮すると、妊活サプリは味や匂いなどの飲みやすさやで選ぶこともポイントになります。いくらよい栄養成分が入っていても、毎日飲み続けることができなければ意味がありません。

まずはどの妊活サプリが合っているのか、探すことから始めてみましょう。パートナーの男性にも協力してもらい、夫婦2人で妊活を頑張りましょう。

※1 参考文献:厚生労働省 e-ヘルスネット「葉酸とサプリメント 神経管閉鎖障害のリスク低減に対する効果」

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter Twitter