妊娠線は消える?自宅ケアだけで消す方法は?

妊婦さんの半数以上にできるといわれる妊娠線。産後は自然と消えるものなのでしょうか?また消す方法はないのでしょうか?クリニックで特別な施術を受けなくても、自宅ケアだけで妊娠線を消すための方法をまとめました。

妊娠線とは? 産後は消える?

妊婦 お腹 妊娠線 消す

妊娠線ができる原因

そもそも人間の皮膚は、表面にある表皮、その内部にある真皮と皮下組織で構成されています。妊娠するとお腹が大きくなるにつれて皮膚も伸びていくわけですが、表皮は比較的伸びやすいのに対して、真皮や皮下組織は弾力性がなくあまり伸びません。そのため、お腹の急激な膨らみについていけず、真皮や皮下組織が断裂してしまうのが妊娠線です。

さらに、妊娠中は「ステロイドホルモン」という肌のターンオーバーを抑制する働きを持つホルモンが多く分泌されます。これによって新陳代謝が悪くなり、肌の弾力性が低下。ホルモンの影響によっても妊娠線はできやすくなってしまうのです。

一度できた妊娠線は完全に消えることはない

「きちんと予防をしていたのに妊娠線ができてしまった」とショックを受ける人も少なくありません。赤ちゃんをお腹の中で育てた勲章だと割り切っている人も多いですが、できることなら消したいですよね。

一度できてしまった妊娠線は、残念ながら完全に消すことは難しいのが現状です。肌表面の「傷」は時間の経過と共に限りなく消えますが、皮膚内部の真皮や皮下組織に入った断裂は消すことはできません。まずは未然に妊娠線を予防することが大切です。

妊娠線を消す方法は? クリニックへ行かなくても消せる?

妊娠線 消す 消える

「妊娠線はどうせ消えないし・・」と諦めないでください! 完全に元どおりに消すことは難しいものの、産後のケア次第では、限りなく「薄く」消すことが可能です。

妊娠線を消す方法といえば、美容クリニックでのレーザー治療が思い浮かびますが、医療保険適用外のため費用面で負担がかかります。できるだけ自宅ケアだけで妊娠線を消すことができたらうれしいですよね。

クリームで保湿

自宅ケアで妊娠線を消すためには、保湿が欠かせません。お風呂上がりや肌が乾燥している時に、クリームを使ってこまめに妊娠線ができた箇所を保湿するようにしましょう。マッサージするように成分を皮膚に浸透させると効果的です。

使用するクリームは、妊娠線予防専用のクリームがおすすめ。普通のボディクリームよりも保湿力が高く、皮下組織まで浸透する美容有効成分が多く含まれています。

なお、クリームとオイルは使いやすい方で大丈夫ですが、クリームの方が浸透力が高いので妊娠線を消すのに効果的です。

コラーゲンやビタミンCを摂取する

産前・産後はホルモンバランスの変化によって、肌が乾燥しやすく状態が乱れがちです。いつも以上に、コラーゲンやビタミンCといった美肌に欠かせない成分を消費してしまいます。

妊娠線を消すためには、コラーゲンやビタミンCを積極的に摂るようにしましょう。肌の潤いを保ってくれますよ。

睡眠を取る

肌には本来、自力できれいになる機能が備わっています。ただし、育児疲れやストレスなどで十分な睡眠が取れていないと、肌のターンオーバーが乱れがちに。本来の肌再生の周期を整えてあげるためにも、できるだけよく眠りましょう。

特別なケアがなくとも生活習慣を整えるだけで、肌の再生が進み、妊娠線や肉割れを薄く消してくれます。

それでもやっぱり妊娠線は完全には消えない。予防を心掛けよう

妊娠線 消す クリーム

妊娠線予防クリームは初期にスタートしよう

妊娠線を消すためのケアを続けることも大切ですが、まずは妊娠中の予防を第一に心掛けましょう。妊娠線予防クリームは、お腹が大きくなってから始める妊婦さんが多いですが、柔らかい肌は急につくれるものではありません。できるだけ妊娠初期から妊娠線予防クリームを塗り始めるようにしましょう。

また、臨月に妊娠線ができる妊婦さんも多いです。妊娠後期まで妊娠線ができなかったからといって、油断して予防ケアを休まないようにしましょう。

適切な体重管理も大切

急激に体重が増え過ぎるのも妊娠線ができる原因のひとつ。お腹の赤ちゃんの成長のために、栄養はもちろん必要ですが、過度に肥満になるのは出産リスクにかかわります。

妊婦さんは、食欲が増加したり運動不足になりがちですが、産科医に相談しながら適切な体重管理を気を付けましょう。

妊娠線は諦めなければ薄く消すことは可能!

妊娠線 消す ケア

産後は育児や家事への忙しさから、ついつい放置してしまい、妊娠線を諦めてしまう人が多いです。しかし、産後も諦めずにケアを続ければ、限りなく薄く消すことができます!赤ちゃんのお世話をしながら自分のための時間をつくるのはなかなか難しいかもしれませんが、5分でもいいので、できるだけ毎日時間をつくり継続することが大切ですよ。

関連キーワード

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter Twitter