赤ちゃんが風邪を引いたらお風呂に入れても大丈夫?

赤ちゃんが風邪を引いてしまった時、お風呂に入れてよいのか迷うことがあります。鼻水が出ている程度なら大丈夫?発熱時やインフルエンザにかかっている時は?風邪の症状によってお風呂に入れるかどうか状況は異なってくるため、しっかり把握しておきましょう!

赤ちゃんが風邪を引いたらお風呂に入れない方がいい?

お風呂

「風邪を引いたらお風呂は入らない方がいい」と聞いたことはありませんか? ママ・パパ世代はそういわれて育った人も多いかもしれませんが、いまや昔の話し。

風邪を引いたらお風呂を控えるという習慣は、実はひと昔前の日本の住宅事情と関係があります。現代の赤ちゃんたちの祖父母世代の場合は、自宅にお風呂がなく銭湯に通う家庭が多い時代でした。また、木造の住宅は隙間が多く、朝・晩や冬場は室内の温度も今よりもずっと寒い環境でした。

お風呂に出かける時もお風呂上がりも、身体が冷え切ってしまうことがあったため、風邪を引いている時はお風呂を控えるという概念が一般的だったのです。

しかし現代は、ほとんどの家庭にお風呂があります。エアコンで室内温度を調節することができ、住宅も気密性が高くなっているため、お風呂上がりに素早く衣服を着せてあげれば湯冷めすることはありません。

そのため、赤ちゃんが多少の風邪を引いていたとしても、病院からは、高熱が出ておらず機嫌がよい状態であれば、お風呂は問題ないと指導されることが多いようです。

赤ちゃんの風邪症状「お風呂に入れる?入れない?」判断するポイント

赤ちゃん 風邪

風邪レベル1.鼻水・37.5度までの微熱

赤ちゃんが風邪を引いている時、少し咳をしていたり鼻水が出ていても、様子をよく観察して元気であればお風呂に入れても大丈夫です。また、もともと体温の高い赤ちゃんにとって37.5度までは微熱になるため、基本的にお風呂に入れても問題はありません。

このような軽い風邪気味の症状の場合は、お風呂に入った方がかえって血行がよくなったり、鼻づまりが治ったり、汗をかくことで熱を下げたりと、風邪がよくなる効果も期待できます。

ただし、37.5度を超える高熱や下痢、嘔吐を繰り返すような風邪の症状は、体力を消耗しているため、安静にすることが大切。お風呂に入れるのはやめておきましょう。

風邪レベル2.赤ちゃんの機嫌が悪い時

赤ちゃんが風邪を引いている時、状態の度合いを知る判断材料として、機嫌の良し悪しはとても重要です。もし発熱があっても機嫌がよければそれほど心配はいらず、お風呂に入れても大丈夫な場合があります。

反対に、発熱はなくても何時間も機嫌が悪ければ何かしら体調に不調があるということ。赤ちゃんは話すことができないため、見た目にはっきりと判断ができなくても、お腹や頭が痛いなどの不調を訴えている可能性があります。まずは、赤ちゃんの様子をよく観察しましょう。異変を感じたら放っておかずに、早めに病院で診察してもらいましょう。

風邪レベル3.インフルエンザや肺炎、37.5度以上の高熱時

赤ちゃんが37.5度を超えるような高熱を出している時は、単純な風邪ではなく、インフルエンザや肺炎などの病気にかかっている可能性も考えられます。まずは早めに病院で診てもらいましょう。

お風呂は短時間でも体力を消耗します。高熱が出ていてぐったりしている時は、お風呂は控えて安静にし、熱が下がるのを待ちましょう。

インフルエンザは熱が下がってもぶり返すことがあるため、解熱後48時間は様子を見てください。インフルエンザは感染する可能性が高いため、特に乳幼児の兄弟がいる場合はタオルの共有などは避けましょう。

また発熱時の赤ちゃんはたくさんの汗をかきます。あせもやおむつかぶれといった汗をかくことで発症する肌トラブルを起こしやすいので注意しましょう。お湯で濡らしたタオルで全身を軽く拭いてあげて、こまめに衣類に着替えさせてあげましょう。

赤ちゃんの風邪以外の病気ではお風呂に入れる?

お風呂 グッズ

赤ちゃんの風邪以外に、下痢や乳児湿疹等の肌トラブルが起きている時は、皮膚を清潔に保つことが必要です。お風呂で肌をきれいに洗ってあげましょう。

一方で、中耳炎は、湯船に浸かって血行がよくなると痛みが増してしまい、炎症が長引いてしまうとされています。中耳炎が疑われる場合のお風呂はやめましょう。

かかっている病気によって「お風呂に入れる、入れない」の判断が異なるため、迷った時はかかりつけの医師に相談すると安心ですよ。

予防接種後のお風呂は1時間後、副作用がないかを確認してから

赤ちゃんが予防接種を受けた日も、基本的にお風呂には入っても問題はありません。ただし、注射してから1時間後に、発熱等の異変がないか、副作用が出ていないかを確認してからにしましょう。

37.5度以上の発熱が出たり、注射した箇所に赤みが出ていたり、機嫌が悪い時は様子を見て、異変が長引く場合は病院で診てもらいましょう。

赤ちゃんが風邪を引いている時のお風呂の注意点

赤ちゃん お風呂

特に夏場は汗や皮脂汚れが溜まりやすく、乳児湿疹などを防ぐためにもできるだけお風呂は入れてあげたいものですね。ただし、赤ちゃんが風邪を引いている時は無理はしないように気を付けてください。

高熱が出る風邪症状が見られる時、長風呂は体力を消耗してしまうのでやめましょう。汗を流すだけであれば、湯船に浸からずにシャワーだけでもよいですね。また、寒い季節は浴室が冷えているため、赤ちゃんの風邪が悪化しないように、あらかじめ暖房を付けて暖かく調整しましょう。

関連キーワード

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter Twitter