妊娠中はシミが増える?原因は?産後は消えるもの?

妊娠中に「顔のシミが増えた」と感じる妊婦さんが多くいます。一過性のものなのか、産後も消えないのか、不安になりますよね。妊娠によってできるシミ、そばかす、肝斑の原因と、未然に防ぐ対策法をご紹介します。産後もシミのないきれいなママを目指しましょう!

妊娠するとシミが増える原因は?

妊娠 シミ

妊娠すると、つわりや体重増加などの他にもお肌にも変化が現れます。そのひとつにシミやそばかす、肝斑(褐色の色素斑が生じるシミの一種)の増加が挙げられます。

妊娠後にできるシミの原因はホルモンの影響によるものです。妊婦さんは「エストロゲン」と「プロゲステロン」という女性ホルモンが増えます。これらのホルモンは、出産するまで増え続け、分泌量は通常時の100~1000倍にまで増えるといわれています。

2つの女性ホルモンは「メラノサイト」というメラニン色素を作る細胞を刺激するため、メラニンが増えやすくなります。メラニンが増えるとシミやそばかす、肝斑ができやすくなるのです。

妊娠中にできたシミは一時的なもの?産後は消える?

妊娠 シミ 消える

妊娠中にできた大量のシミは一時的なものなのか、それとも産後もそのまま残ってしまうのか心配になりますよね。

出産後は、徐々にホルモンバランスが整うにつれてメラニンの生成が減少。メラニンが減ることでシミも自然に薄くなったり消えることがあります。また、日々のスキンケア次第でシミを薄くすることも可能です。

しかし、シミは必ず消えるとは限りません。色素沈着するとシミが消えずに残ってしまうこともあるため、できるだけ事前に対策しておくことが大切です。

妊娠中のシミを予防する方法は?

妊娠 シミ 対策

ビタミンCで内側からのケア

コラーゲンの生成を助け肌によいとされるビタミンCは、メラニンの生成を抑えてくれるので、シミ対策としても大切な栄養素です。パプリカやパセリ、キャベツなどのビタミンCが多く含まれる食べ物を積極的に摂取しましょう。なお、妊婦さんの1日のビタミンCの目安摂取量は110mgです。

また、できてしまったシミを薄くしたり消すためには、産後も継続してビタミンCを摂るようにしましょう。授乳中は母乳を作るためにビタミンCが多く必要になるため、普段よりも意識的に摂取してください。

シミの大敵、紫外線を対策

紫外線はお肌にとって大敵。シミやそばかすができやすくなるほか、乾燥やシワの原因にもなります。妊娠によるシミ対策には、夏季以外も日焼け止めや帽子、UVカットの手袋、ストールなどを使って紫外線対策をしましょう。

また、目から入る紫外線もシミを引き起こす原因のひとつなので、外出時はサングラスを着用すると効果的です。

十分な睡眠で肌のターンオーバーを活性化

お肌のターンオーバーを促してシミを防ぐためには、十分な睡眠時間を取ることが不可欠です。特に夜の22時から深夜2時にかけては成長ホルモンが分泌される時間で、お肌のゴールデンタイムとも呼ばれています。

特に妊娠中期~後期にかけては、お腹の赤ちゃんの胎動で眠れないこともあるかもしれませんが、夜更かしは健康にも肌にもよくありません。シミ対策のためには、眠くなくてもゴールデンタイムにはベッドに入るようにして、リラックスして過ごすようにしましょう。

妊娠によるシミに効果的な美白コスメ

シミのケアには美白コスメやメラニンを抑制してくれるコスメが効果的です。UVケアと並行して、美白も心掛けるとよいですね。

プリマベラ ネロシカシスデイミルキー

プリマベラ ネロシカシスデイミルキー

出典:www.primavera-japan.jp

美肌成分とビタミンCを含むネロリを配合。紫外線や乾燥といった外的ダメージから肌を守り、シミ予防に効果を発揮します。

●内容量:30ml
●税込価格:楽天/2,540円

(2018年8月1日 13:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見る

HANA オーガニックホワイトジェリー

HANA ホワイトジェリー

出典:www.hana-organic.jp

天然由来成分100%ビタミンC誘導体を配合し、できてしまったシミにも働きかけるスポット美白ジェリーです。すべてが天然成分で処方されているため、妊娠中や産後も安心して使用できます。

●内容量:30ml
●税込価格:楽天/8,485円

(2018年8月1日 13:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見る

妊娠中も産後もシミのないきれいな肌をキープしよう

妊娠 シミ ケア

妊娠すると、お腹の赤ちゃんが第一で、妊婦さん自身の肌のケアにまで意識と手がなかなか回らないかもしれません。しかし、食生活や紫外線対策など、日常の生活習慣次第でシミは防ぐことができます。産後もきれいなママでいるためにも、頭の片隅に置いて、できることからシミ対策をしましょう。

また、シミやそばかすのケアは即効性はありません。継続してこそ効果がありますので、なかなか薄くならなくても根気強くケアを続けましょう。

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter Twitter