妊婦がアロマを安全に使うための注意点、使用可能な精油は?

植物から抽出した精油を使って心身の不調を改善してくれるアロマテラピー。妊婦さんにとってもアロマを用いることで得られるうれしい効果があります。妊婦さんにぴったりのアロマの選び方や、正しくアロマテラピーをおこなうための注意点についてご紹介します。

アロマが妊婦にもたらす効果は?

アロマ 効果

アロマテラピーとは、アロマオイルに含まれる様々な成分を身体に取り込むことで、各器官の不調を改善したり、リラックス効果をもたらしてくる芳香療法のことです。

妊娠してから自分一人の身体ではなくなった妊婦さんにとってもアロマテラピーの効果は同じ。妊婦さんにとって、アロマを正しく使用することで、つわり、むくみ、不眠(熟睡感のなさ)、腰痛、背中の痛み、便秘などのマイナートラブルを解決する強い味方になってくれるのです。

「出産」という、ゴールまで誰にも代わってもらうことのできない妊婦さんの不安や不調を、アロマはやさしく癒やしてくれます。一方で、妊婦さんのアロマテラピーは、妊娠の段階に応じて適切な精油を使うこと、また正しく使用することが大切です。

妊婦には使えるアロマ、使えないアロマがある!

チェック 注意

アロマテラピーで使う精油には様々な成分が含まれており、妊婦さんには禁忌とされる種類もあります。身体がデリケートな状態になっている妊婦さんにとって、ホルモンに作用するアロマオイルや神経毒性を含む成分、デトックス効果のあるアロマオイルなど、使用することで危険を及ぼす精油があることを知っておきましょう。

妊婦さんがアロマオイルを選ぶ際は、精油の種類をよく吟味しましょう。不安な人は、アロマオイルの専門店で相談するとよいですね。

妊婦さんが安心して使えるアロマオイルには以下の種類があります(※日本アロマコーディネーター協会 禁忌表より)。

1.妊娠初期から使えるアロマオイル

  • イランイラン
  • オレンジ
  • スイート
  • カルダモン
  • グレープフルーツ
  • サンダルウッド
  • ティーツリー
  • ネロリ
  • パチュリー
  • ブラックペッパー
  • フランキンセンス
  • ベルガモット
  • ベンゾイン
  • ユーカリ
  • グロブルス
  • レモン
  • レモングラス
  • ローズウッド

2.妊娠中期・後期に使えるアロマオイル

上記のアロマオイルに加えて、妊娠中期・後期の妊婦さんは以下のアロマオイルを使用することができます。

  • カモミール
  • ジャーマン
  • カモミール
  • ローマン
  • ラベンダー

妊婦がアロマを使用する上での注意点

妊婦 アロマ 注意

正しく使えばリラックス効果や心身の負担改善と、妊婦さんにとってもうれしい作用が期待できるアロマですが、安全に使用するために、気を付けたい注意点があります。

●妊娠初期は、安定期に入るまでは原則としてアロマの使用を避ける
●安定期に入っても子宮を刺激する精油、毒性の強い精油は使わない
●妊婦さんは肌が敏感になりやすいので、規定よりも低濃度でアロマを使用する
●添加物の入っていない天然成分100%の精油(エッセンシャルオイル)を使用する
●お腹が張るときには、アロマテラピーを一切おこなわない

妊婦におすすめのアロマ活用法

アロマ 精油

上記でご紹介したような「妊婦だからこそ注意しなくてはいけない」心得を念頭に置いた上で、実際にアロマを活用してみましょう。

芳香浴

妊婦さんが生活の中にアロマを取り入れる手段としては、刺激の少ない方法からトライしてみるのがおすすめです。アロマポット、アロマライト、アロマディフューザーなどに精油を数滴落として空間に香らせます。

蒸気を吸い込むことでリラックス効果が得られ、妊婦さんの塞ぎがちな気分も明るくなります。つわりの改善には柑橘系の精油がおすすめですよ。

アロマバス

バスタブに精油1、2滴程度を、塩や乳化剤に溶かして使用します。血行がよくなり、アロマオイルが皮膚から吸収されることで、妊婦さんにとってつらい悩みである筋肉のこり、むくみを改善するほか、アロマの作用で副交感神経が活発となり、ぐっすり眠れるようになります。

サロンでアロマトリートメント

腰痛や背中の痛みを慢性的に抱える妊婦さんは、サロンでアロマトリートメントの施術を受けてみてはいかがでしょうか。希釈したアロマオイルを使用することで、筋肉やリンパを揉みほぐし、妊婦の大敵である脚のむくみや腰痛、背中の凝りと痛みを改善してくれます。また、皮膚を柔らかく潤わす効果もあるので、妊娠線の予防にも繋がります。

妊婦さんがアロマトリートメントを受ける際は、十分に知識のあるセラピストのもと、妊娠週数や状態に応じて、安全な部位のみおこないましょう。

また、仮に施術可能な状態であっても、妊婦さんは体調やコンディションが変化しやすいもの。気分が優れないときはアロマがよい作用ばかりをもたらすとは限らないため、無理に施術を受けずにキャンセルをする勇気も大切です。

妊婦がアロマと上手に付き合うために

妊婦 アロマ 効果 リラックス

近頃では、出産時に妊婦さんの緊張をほぐす目的で、ラベンダーやジャスミンなどのアロマを芳香浴で取り入れている産院もあるようです。また、ラベンダーやカモミールなどの精油は、神経を穏やかにする効果も高いとされ、ベビーマッサージに使われるアロマでもあります。

妊婦さんにとって冷えとストレスは大敵です。アロマを使う際は身体を温めながら、リラックスした状態で使用すると効果的ですよ。

使用に関する注意事項をきちんと守り、アロマテラピーを味方につけて健やかな妊婦生活を送りましょう。

※1 参考文献:日本アロマコーディネーター協会 精油について

関連キーワード

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter Twitter