妊娠線はいつからできて、いつから予防を始めるべき?

ストレッチマークとも呼ばれる妊娠線。予防に余念がない妊婦さんも多いですが、妊娠線はいつからでき始めるものなのでしょうか?また、いつから予防を開始すれば妊娠線をつくらずに出産まで乗り切ることができるのでしょうか。今回は、妊娠線ができる時期にフォーカスを当てて調べてみました。

妊娠線とは?

妊娠線ができた妊婦のお腹

妊娠線の原因

妊婦さんたちのにっくき天敵、妊娠線。その原因は大きく分けて2つあります。

ひとつは、お腹の赤ちゃんの成長に伴い皮膚が急激に伸びてしまうこと。皮膚の皮下組織と真皮が対応できなくなることで、コラーゲンが断裂を起こし、皮膚の下にある毛細血管が赤い線のように見えてくるものです。

ふたつ目は、「コルチコステロイド」というホルモンの影響。このホルモンは、肌の新陳代謝(ターンオーバー)を抑制し、肌の修復を遅らせる働きがあります。妊娠中は肌が弾力を失ってしまうため、断裂、つまり妊娠線ができやすくなってしまうのです。

また、子宮が大きくなることで、骨盤の圧迫や栄養が不足することも新陳代謝を抑制する原因とされています。

妊娠線はどこにできる?

妊娠線が一番できやすい場所はお腹。その他にも、胸、二の腕、太もも、おしりなど、脂肪がつきやすい場所にできやすいので、注意が必要です。

妊娠線は消える?

できてしまった妊娠線は赤紫色の線となって現れます。出産後は徐々に色が薄くなるものの、白く残ってしまうため、残念ながら完全に消えることはありません。また、表面が少しボコボコとして残ってしまいます。

妊娠線ができやすい人

妊娠線はすべての妊婦さんにできる可能性がありますが、特にできやすい特徴を持つ人がいます。

まず出産経験のある経産婦さんは、初産時よりもお腹が大きくなりがちなので要注意。また、双子以上の多胎妊娠をしている妊婦さんも、通常よりもお腹が大きくなるので妊娠線ができやすいです。

さらに、もともと小柄な人や細身な人、運動不足な人、太りやすい人、乾燥肌だったり日焼けをしている人も妊娠線ができやすいといえます。

妊娠線はいつからでき始める?

いつから 時期

妊娠線はいつからできるのか、明確な答えはなく、人それぞれ時期は異なります。一般的には、つわりが治まりお腹が大きくなり始める妊娠5ヶ月頃から注意が必要です。

平均すると、妊娠8~10ヶ月といった妊娠後期にできる人が多いようです。中には、臨月まで妊娠線ができず安心していたけれど、出産直前にいきなりできてしまったという人もいます。臨月前はお腹が急激に大きくなるため、最後まで気を抜かずに予防ケアを続けることが必要です。

妊婦さんに聞いた「妊娠線はいつからできた?」

ランダムに選ばれた妊婦さんに対して、「妊娠線はいつからできたのか」アンケートしたところ、以下のような結果が出ました。やはり、妊娠8カ月以降は妊娠線ができやすい傾向があります。

また、お腹が大きくなると、特に下腹部まで自分でチェックすることができず、妊娠線ができたことに気が付かない人も多いようです。

妊娠線 いつから グラフ

※シェリールママ編集部調べ

妊娠線予防ケアはいつから始めるべき?

開始 スタート

妊娠線をしっかり予防するためには、できるだけ1日でも早くケアを始めると効果的です。妊娠初期からクリームでのケアを始めるのが理想的。

はいっても、妊娠初期はつわりがあるため無理はしなくて大丈夫。安定期に入ってからで構いませんので、できるだけ早く妊娠線予防クリームを塗り始めましょう。

言い換えると、実は妊娠前から保湿ケアを始めるのが効果的です。日頃から保湿クリームでのケアを習慣にしていた人は、もともと皮膚がやわらかいので妊娠線ができにくいといわれています。少し気が早いと思ってしまうかもしれませんが、妊娠を計画している人は意識的にケアするとよいですね。

マッサージは安定期以降にする

妊娠線予防のために、クリームやオイルを使ったマッサージをするのも効果的です。しかし、お腹への刺激、母子の健康を考慮して、マッサージは安定期以降におこなうようにしましょう。

お腹のマッサージは、クリームなどをたっぷりと手に取り、「の」の字を描くように、二の腕や太ももは下から上に向かってやさしくマッサージします。胸は中心に向かって上から下、または下から上へマッサージするようにしてください。

なお、アロマオイルを使う場合、妊婦さんには忌避されているアロマの種類があるため、事前に専門店で確認してください。

運動は安定期以降に無理のない範囲で

妊娠中とはいっても、急激に体重が増えるのは妊娠線ができやすいだけでなく、母子の健康、出産リスクにも心配があります。特に妊娠初期は体重を増やす必要はありませんので、この時期に太りすぎないように注意してください。

安定期を過ぎたら、無理のない範囲でウォーキングやマタニティヨガなど軽めの運動を取り入れるとよいですね。また、体重管理のために野菜中心の栄養バランスが整った食事を心掛けましょう。

妊婦用サポート下着はお腹が膨らみ始めたら

マタニティガードルや腹帯なども、妊娠線予防に効果的です。妊婦用サポート下着を着用することで、膨らむお腹を支えながら、急激な皮膚の伸びを予防することもできます。

妊婦用サポート下着は、お腹の状態にもよりますが、膨らみ始めてきたと感じる妊娠5ヶ月頃から使い始めるとよいですね。また、妊娠線予防クリームと併用してケアすると、より効果的です。

お腹の冷えや腰の負担軽減にも役立ちますので、ぜひ試してみてください。

妊娠線予防はいつからでも遅くない、今日から始めよう

妊婦 お腹 クリーム

妊娠線予防はできるだけ早期にスタートし、さらに毎日継続することが大切です。しかし、いつから始めても遅いということはありません。たとえすでに妊娠線ができてしまったという場合も、それ以上妊娠線を増やさないためにも予防ケアは必要です。妊娠線はお腹だけでなく、おしりや太もも、胸などにもできやすいので、今日からクリームでのケアを始めましょう!

関連キーワード

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter Twitter