乳児湿疹に薬は必要?種類と副作用、正しい使い方

多くの赤ちゃんに現れる乳児湿疹。早く治療してあげたいけれど、は必要なのでしょうか?デリケートな赤ちゃんの肌に直接塗るものは副作用も心配ですよね。乳児湿疹の薬の種類と注意点、正しい使い方について詳しくご紹介します。

乳児湿疹とは?

赤ちゃん 乳児湿疹

生後間もない新生児から1歳頃までの赤ちゃんには、顔や体にブツブツの湿疹が現れます。ジュクジュクしたりかゆみを伴うこともあります。乳児期に発生しやすいこの肌荒れ症状は総称して乳児湿疹と呼ばれています。

生後1~3ヶ月の新生児の肌に出やすいのが脂漏性湿疹。乳児湿疹の中でも多く現われる症状で、髪の生え際やまゆげ、頭皮など、皮脂分泌が多い箇所に黄色いかさぶたがのようなものができる症状です。この時期は皮脂分泌量が過剰であるにもかかわらず、毛穴が未熟で詰まりやすいのが原因です。

生後2~3ヶ月以降の赤ちゃんは、今度は肌の乾燥が進みます。顔や体がカサカサになる乾燥性湿疹が現れ、皮膚にかゆみを感じます。

乳児湿疹の治療に薬は必要?

乳児湿疹 薬

乳児湿疹はあまり症状がひどくなければ、肌を清潔にして保湿ケアをしていれば大体の症状は改善されます。しかし、ケアを怠っていると悪化してしまったり、長引いてしまったりします。

乳児湿疹がひどいときには、薬を正しく使用することも必要です。赤ちゃんに薬を使用すると副作用が出ないか、心配で使わないようにしているママもいますが、正しく使えば問題はありません。上手に薬と付き合って、効果的に症状を治療してあげることも時には大切です。

乳児湿疹の薬の種類は、大きく分けて「ステロイド外用薬」と「非ステロイド外用薬」の2種類に分類できます。両者の違いと使い分け、副作用(リスク)についても知っておきましょう。

乳児湿疹の薬:ステロイド外用薬

乳児湿疹の治療のために小児科や皮膚科を受診した際、症状が重度と医師によって診断された場合に、ステロイド外用薬が処方されることがあります。ステロイド外用薬の中でも、赤ちゃんの月齢や乳児湿疹の症状の度合いによって処方される薬が異なります。

ステロイド外用薬の種類

乳児湿疹の薬として処方されるステロイド外用薬には次のようなものが挙げられます。

リンデロン軟膏

乳児湿疹の治療に処方されることの多いステロイド外用薬。乳児湿疹の赤みや腫れ、かゆみを抑制するために処方されます。顔にも使えます。

リンデロン軟膏

ロコイド軟膏

こちらも代表的な乳児湿疹のステロイド外用薬。皮膚の赤みやかゆみを抑制してくれます。顔にも使えます。

ロコイド軟膏

キンダベート軟膏

体にできた湿疹、腫れ、かゆみの症状を抑えてくれるステロイド外用薬です。

キンダベート軟膏

リドメックス

リドメックスは軟膏タイプとローションタイプの2種類があるステロイド外用薬です。

リドメックス

クロマイP軟膏

湿疹の炎症を抑えるほか感染症、二次感染の治療に使用されるステロイド外用薬です。

クロマイP軟膏

ステロイド外用薬の副作用

ステロイド系の外用薬は効果が強く即効性があるため、早期治療が期待できます。ステロイドといっても強さには段階があり、通常、赤ちゃん向けに処方されるステロイド外用薬はやさしいものが処方されます。

乳児湿疹を治療する目的で、局所的に短期集中でステロイド外用薬を使用する分には問題はありませんが、長期で使用し続ける場合は、以下のような副作用起こる心配がありますので注意してください。

  • 皮膚細胞の働きが抑制されるので、皮膚が薄くなる。
  • 皮膚の免疫力が抑制されるため、微弱な細菌にも化膿してしまう。
  • 色素沈着する。
  • 内出血を起こしやすくなる。
  • ステロイドが常態化する。

また、ロコイド軟膏は、まれに肌に合わないと肌荒れや感染症を引き起こすケースがあります。ロコイドの軟膏の使用で副作用の症状が出た時は、すぐに医師に相談しましょう。

乳児湿疹の薬:非ステロイド外用薬

非ステロイド外用薬は乳児湿疹の症状が軽い場合に医師によって処方されたり、市販薬として購入することも可能です。肌を保湿したりかゆみを抑制するための薬です。

非ステロイド外用薬の種類

乳児湿疹に使われることの多い非ステロイド外用薬には次のようなものがあります。

アンダーム軟膏

非ステロイド外用薬として処方される代表的な薬。湿疹を押さえる効能があります。

アンダーム軟膏

亜鉛華単軟膏

乳児湿疹やおむつかぶれ等に処方される処方薬。皮膚を保護し炎症を抑える効果があります。

亜鉛華単軟膏

エンクロン UFクリームEX

資生堂から販売されている、乳児湿疹によるかゆみの抑制、炎症の改善を促す非ステロイド系の市販薬です。

エンクロン

出典:www.rakuten.co.jp

●内容量:12g
●税込価格:1,058円~

楽天市場で見るAmazonで見る

ポリベビー

薬局やネット通販でも購入できる市販薬。乳児湿疹、あせも、おむつかぶれなどに多用されます。

ポリベビー

出典:www.amazon.co.jp

●内容量:30g
●税込価格:360円~

楽天市場で見るAmazonで見る

非ステロイド外用薬の副作用

ステロイド外用薬よりも緩やかな効き目で副作用の心配があまりありません。ただし、アトピーには効果がなく、かえって症状が悪化する可能性があるため注意が必要です。使用していて赤ちゃんの肌に異変を感じた場合はすぐに医師に相談しましょう。

乳児湿疹の薬の正しい使い方

乳児湿疹 薬 使い方 赤ちゃん

1.乳児湿疹の治療はすぐに薬に頼らない

乳児湿疹の対策として、症状が軽度の時から薬に頼るのはおすすめできません。まずは、赤ちゃん用の保湿剤でケアすることで、肌のバリア機能が高まり、肌が持つ本来の力を高めてくれます。毎日保湿ケアを続けていれば、大体の乳児湿疹は改善できますよ。赤ちゃんの保湿はアトピー予防にも効果的です。

また乳児湿疹の薬を使用する際も、まずは保湿剤を全身に塗ってあげてから薬を局所的に塗るようにしましょう。炎症が起きていない部分にまでステロイド外用薬などを広げてしまうと、肌に負担をかけてしまいます。

アロベビー ミルクローション

アロベビー ミルクローション

出典:www.alo-organic.com

●150ml/2,300円(税抜)
●380ml/4,600円(税抜)
※どちらもお得な定期コースあり

使い続けると乳児湿疹がよくなったと口コミで評判のベビーローション。99%以上天然由来成分で処方されているので、肌荒れしがちな赤ちゃんの敏感肌にも安心して使えます。伸びがよくて全身に塗りやすく保湿力が長続きします。

販売サイトで見る

2.赤ちゃんに市販薬は使わない

乳児湿疹の治療のために、市販薬をママの自己判断で使うのはおすすめできません。赤ちゃんはとても敏感肌で、少しでも症状や肌に合わないと、かえって悪化してしまう可能性があります。例え非ステロイド外用薬であっても、小児科や皮膚科で医師に処方してもらうようにしましょう。

3.処方された薬の用量・用法を守る

どのような種類の薬であっても、医師の指示を守り、正しい用量・用法を守って使用することが大切です。自己判断で薬を止めたり使い続けたりするのはやめましょう。特にステロイド外用薬は刺激が強いので、皮膚にすりこまずに、薄く患部にのみ乗せるようにしてください。

4.薬の使い回しはNG

乳児湿疹は繰り返し発症してしまうので、以前に処方された薬や、大人用の薬を使い回すことはやめましょう。症状の度合いや種類によっても薬は異なり、また薬の使用期限も正しく守ることが必要です。

乳児湿疹は薬と上手に付き合って治療を

乳児湿疹 治療 薬 赤ちゃん

乳児湿疹を一刻も早く治療するためにも、薬と上手に付き合っていくことが大切です。乳児湿疹の薬は、医師の指示や薬の使用法をきちんと守るようにしましょう。また、日々のスキンケアで乳児湿疹を予防してあげることも必要です。

関連キーワード

シェリールママをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter