オーガニックコスメとは?普通の化粧品との違いやおすすめブランドは?

化粧品を探しているとオーガニックコスメという言葉を聞いたことはありませんか?何となくは知っていても、普通のコスメとの違いを詳しく知っている人は多くないかもしれません。敏感肌を持つ妊婦さんや産後ママにもおすすめのオーガニックコスメについて、特徴やおすすめブランドをまとめました。

オーガニックコスメとは? 定義は何?

オーガニック野菜

「オーガニック」は、現在でこそ日本においても浸透していますが、ひと昔前は欧州や欧米でのみ強く意識されていました。

オーガニックコスメは一般的に、石油由来成分を使用していない、有機素材が主成分となるコスメのことを指します。化粧水や乳液といった基礎化粧品のほか、コットンや綿棒などのメイクグッズ等、様々な商品が展開されています。大人向けに限らず、敏感肌を持つ赤ちゃんでも安心して使えるようなスキンケア商品もあります。

なお、コスメブランドの判断によって「オーガニックコスメ」を謳うことができるので、細かな定義はコスメブランドによって異なります。

そのため、消費者である私たちは、すべてのオーガニックコスメに対して言葉だけを鵜呑みし過ぎずに、配合成分などを参考にしながら自分に合ったコスメを見極めることが大切です。

オーガニックコスメと普通のコスメの違いは?

コットンやチークなどのコスメ

石油由来成分が含まれているかどうか

オーガニックコスメと普通のコスメの最大の違いは、石油由来成分を配合しているかどうか。いわゆる「化学化粧品」や「ケミカルコスメ」と呼ばれるものがこれに当たります。

ケミカルコスメというと「肌に悪い」イメージがありますが、必ずしも悪ではありません。それぞれにメリットとデメリットがあります。

石油由来成分を使うことで価格を安くする目的もありますが、化粧品の使い勝手をよくしたり、防腐剤で品質を長持ちする効果もあります。また、普通のコスメはオーガニックコスメに比べて、即効性の高い商品が多いのも特徴です。例えば早く治したいニキビや吹き出物には、コットンパックで集中ケアすると効果的です。

オーガニックコスメのメリット・デメリット

対して、オーガニックコスメは肌への刺激が抑えられることが最大の特徴です。普通のコスメを使っていて、肌に合わなかったり、肌トラブルを招いた経験のある人は、一度オーガニックコスメに切り替えてみると解決できるかもしれません。

また、オーガニックコスメの安全性について気にする人が多いですが、あくまでも合う、合わないは人によって異なります。オーガニックコスメは、良質で低刺激な成分で処方されていることから、「石油由来成分成分を含むケミカルコスメよりは安全性が高い」と説明する方が適切かもしれません。

一方で、オーガニックコスメは有機栽培された植物成分を使っているため、比較的価格が高い傾向があります。また、防腐剤が無添加のオーガニックコスメの場合は、開封後の使用期限がとても短くなっています。

「無添加コスメ」や「自然派コスメ」はオーガニック?

試験管に入っているオーガニック

「無添加」「自然派」「天然由来」これらの謳い文句を目にすると、ついついオーガニックコスメだと思ってしまうかもしれません。もちろんその場合もありますが、確実にオーガニックコスメとは言い切れないため注意しましょう。

例えば「無添加コスメ」の場合は、旧厚生労働省が指定した「アレルギー反応を起こす危険性のある化粧成分」を抜いた化粧品を指しています。そのため、他の合成成分は使用している可能性があります。

「自然派コスメ」や「天然由来コスメ」も同様で、自然派や天然由来の成分を配合しているけれども、それ以外の成分には合成成分が含まれている可能性があります。いずれにしても成分表記を確認するようにしましょう。

コスメの信頼性はオーガニック認証基準が判断基準に

オーガニック植物

オーガニックコスメとするかどうかは、各コスメブランドの判断によりますが、その信頼性については、オーガニック認証を取得しているか、またはその認証基準で製造されているかが重要な判断基準となります。

オーガニック認証は申請をすればすべての化粧品が取得できるものではありません。各オーガニック認証団体が定める大変厳しい検査基準をクリアした化粧品のみが取得することができます。

オーガニック認証団体は欧州を中心に世界各国に存在していますが、中でも世界最大規模であるフランスのECOCERT(エコサート)や、EUのNaTrue、アメリカのUSDAなどが有名です。

オーガニックコスメおすすめブランド5選

敏感肌やアトピー持ちの人、ホルモンバランスが乱れがちな妊娠中や産後の女性、赤ちゃんや小さな子供のスキンケアにもおすすめのオーガニックコスメ。

成分や価格、特徴など千差万別です。オーガニックコスメという言葉だけで惑わされずに、ブランドごとの特色を理解して、お肌にぴったりの化粧品を選んでくださいね。

No.1 アロベビー、シンスボーテ

オーガニックコスメ アロベビー

出典:www.alo-organic.com

赤ちゃん向けのアロベビーと産前・産後の女性向けのシンスボーテを展開している、純国産オーガニックスキンケアブランドです。全製品が99%以上天然由来成分、フランスのオーガニック認証ECOCERT(エコサート)基準で作られています。

乳児湿疹で悩む赤ちゃんや、敏感肌になりがちな産前・産後ママでも安心して使えます。成分のやさしさだけでなく、その確かな効果が口コミで広まっています。

アロベビーのベビーローションやシンスボーテのシャンプー・トリートメントが定番人気の商品です。

No.2 WELINA(ウェリナ)

オーガニックコスメ ウェリナ

出典:www.rakuten.co.jp

わいいパッケージデザインが特長のハワイの原料を使った国産オーガニックコスメブランド。フランスのオーガニック認証ECOCERT(エコサート)基準、アメリカのオーガニック認証USDA基準で製造されています。

有名人とコラボしたARCHIシリーズや、赤ちゃんでも使えるアマールカシリーズなど、コンセプト別にラインが分かれています。中でもおすすめ商品は化粧水や赤ちゃん用の日焼け止めです。

No.3 HANA ORGANIC(ハナ オーガニック)

ハナオーガニック ホワイトジェリー

出典:www.hana-organic.jp

有機素材を使用した国産オーガニックコスメブランド。100%天然由来成分が自律神経の乱れや常在菌のバランス乱れを浄化・還元してくれます。防腐剤は植物由来の成分を配合しています。

化粧水や美容液などのスキンケアが幅広く展開されており、ライン使いにおすすめです。中でもおすすめの商品は、エイジングケア用の美容液。100%天然由来成分、植物成分中のオーガニック比率98.95%と成分にこだわっています。

No.4 Jurlique(ジュリーク)

ジュリーク ピュアホワイティ スキンミスト

出典:www.rakuten.co.jp

オーストラリア発の人気オーガニックコスメブランド。オーストラリアの認定団体に認可された農園を保有し、原材料となる植物を無農薬有機農法で栽培しています。

おすすめ商品は、ラベンダーやシトラスなどの植物の香りが感じられるミスト状の化粧水や、乾燥肌や肌荒れにもマルチに使えるボディ保湿クリームです。

No.5 trilogy(トリロジー)

オーガニックコスメ トリロジー

出典:www.rakuten.co.jp

ニュージーランド発のオーガニックコスメブランド。同国のオーガニック認証バイオグロを取得している100%ナチュラルな「ローズヒップオイル」など、オーガニックにこだわったスキンケアアイテムを取り扱っています。

オーガニックの美容オイルは、コットンになじませ気になる箇所にパッティングすることで、ダメージを効果的にケアできます。

肌に合うオーガニックコスメで最適なスキンケアを

鏡を見ながらスキンケアをしている女性

これまでオーガニックコスメを使用したことがない人でも、なかなか改善しない肌トラブルに悩まされている人は、自分に合う成分を見極めた上で、オーガニックコスメを試してみてはいかがでしょうか。

オーガニックコスメは普通のコスメと違い、即効性が感じられにくく、すぐに効果が出ないと不安に感じてしまうかもしれません。しかしオーガニックコスメは、本来の治癒能力を引き出す効果が期待できます。

消費者としては価格やコスパ、目に見える効果が気になるのは当然ですが、オーガニックコスメは長く継続して使ってこそ効果が実感できるものと理解しておくことが大切です。

関連キーワード

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールママをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter LINE@