妊婦がヘアカラーをしてもお腹の赤ちゃんに影響はない?

妊婦さんにとって気になる美容院問題。妊娠中もヘアカラーやパーマで髪のおしゃれを楽しみたいですよね。しかし、カラーリング剤やパーマ液はお腹の赤ちゃんに悪い影響はないのか心配です。今回は妊婦のヘアカラーについて、気になる疑問をまとめました。

妊婦がヘアカラーをしても大丈夫?

妊婦 ヘアカラー 影響

妊娠するまではヘアカラーやパーマでおしゃれを楽しんでいた女性にとって、妊婦さんになっても美容院へは通い続けたいですよね。

しかしそこで気になるのは、よく巷で耳にする「カラーリング剤やパーマ液が頭皮の毛穴から浸透し、お腹の赤ちゃんに悪い影響を与えてしまう」という噂。果たしてこの噂は本当なのでしょうか?

妊婦がヘアカラーをしても胎児に影響はない

医師や美容師といった専門家によって未だに意見は分かれるようですが、妊婦さんが髪の毛を染めても、お腹の赤ちゃんに何かしらの悪い影響が出ることは、医学的には証明されておらず、根拠のない噂だといわれています。

実際に、妊娠中にヘアカラーやパーマをしていたという妊婦さんの多くが、元気で健康な赤ちゃんを出産しています。しかし、心配な気持ちを抱えてヘアカラーを繰り返しているようであれば、精神的に不安になってしまいます。母体の健康のためにも、少しでも不安に感じるようであれば、妊娠中のヘアカラーは控えることをおすすめします。

またどうしても心配な妊婦さんは、ヘアカラーをする前にかかりつけの産婦人科で医師に相談してみると安心ですよ。

※なおこれは、常識的に考えて、数ヶ月に一度、妊婦さんが美容院でヘアカラーをした場合に限ります。例えば、毎週のように頻繁にヘアカラーを繰り返す、といった極端な状況下においては、母体・胎児共に影響が出ることも考えられます。

妊婦がより安全にヘアカラーするには?

妊婦 ヘアカラー

カラーリング剤やパーマ液自体に直接的な悪い影響がないとはいっても、妊婦さんがより安全にヘアカラーするためには、以下のことを最低限守るようにしてください。

市販のカラーリング剤は使わずに、美容院で髪を染めてもらう

ヘアカラーをするとき、スーパーやドラッグストアで市販されているカラーリング剤は、美容院で使っているカラーリング剤に比べて刺激が強くなっています。市販のカラーリング剤は、どのような髪質の人にでも染まるように作られているのに対して、美容院では一人ひとりの髪の状態に合わせて、カラーリング剤を調合しています。

妊婦さんの場合は少しでも頭皮や髪の毛への負担をなくすために、美容院で髪をヘアカラーしてもらうようにしましょう。妊婦さんはホルモンバランスの変化から、頭皮を含む肌が敏感になっているので、強い刺激を与えると思わぬ肌トラブルに繋がる可能性もありますよ。

ヘアカラーのやり方やカラーリング剤について美容師さんに相談する

ヘアカラーをする前に、美容師さんに自分が妊婦であること、またお腹の赤ちゃんへの影響が心配であることを素直に伝えましょう。美容院によっては、できるだけ刺激の少ない自然由来原料のカラーリング剤を調合してくれたり、へアカラーのやり方についてアドバイスしてくれたりします。

毛先の色が抜けて明るくなっている場合など、ヘアカラーの液剤が地肌に直接付かないように染めてくれることもできますよ。ヘアカラーをしようか迷っている妊婦さんも、まずは美容師さんに相談してみるとよいですね。

体調のよい日に美容院へ行く

ヘアカラーやパーマの液剤は強い匂いがします。妊婦さんでなくても、あの匂いが苦手な人もいるでしょう。特につわりの時期の妊婦さんは、匂いにとても敏感になっているため無理は禁物です。ヘアカラーの施術中にカラーリング剤の匂いで気分が悪くなってしまう可能性があります。

また、ヘアカラーやパーマの施術は時間がかかるので、長時間座っていなければなりません。お腹が大きくなった妊娠後期の妊婦さんであれば、腰への負担も考えられます。妊娠中は負担のかからないように、なるべく体調がよい日を選んで美容院へ行くようにしましょう。

妊婦でもヘアスタイルやおしゃれを楽しもう

水色の洋服を着た妊婦

「妊婦だから」とすべてを我慢していては、ストレスが溜まってしまうかもしれません。体調やお腹の赤ちゃんの健康を第一に気遣いながら、無理のない範囲でおしゃれを楽しみましょう。

お気に入りのヘアスタイルで少しでも気分を上げて、楽しいマタニティライフを送ってくださいね。

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter Twitter