赤ちゃんの歯磨きはいつから必要?やり方や歯ブラシの選び方は?

「歯が生えてきた!」と赤ちゃんの成長を喜ぶママ・パパは多くいるでしょう。でもどのようにケアすればいいか悩む人も多いハズ!

そこで今回は、赤ちゃんの月齢別に正しい歯磨きのやり方や、歯ブラシ・歯磨き粉の選び方についてまとめました。早期の歯磨き習慣で虫歯を撃退しましょう!

赤ちゃんに歯磨きは必要なの?

赤ちゃん 歯磨き 歯ブラシ

まず、乳歯が虫歯になると、後に生える永久歯にも影響を与えてしまうことをご存知ですか?

ママ・パパの中には「乳歯はいずれ抜けるから関係ないのでは?」と思う人もいるようですが、乳歯が虫歯になることで、実は以下のような影響が永久歯にも及ぶ可能性があるのです。

  • 永久歯が虫歯菌に感染しやすくなる
  • 永久歯がまっすぐ生えず、歯並びが悪くなる
  • 噛む力やあごの発育に支障をきたす

赤ちゃんに歯が生え始める頃は、唾液が多く分泌されている上に母乳やミルクなどしか飲んでいないので、虫歯になる可能性が低いのです。しかし、離乳食を始める頃からは、歯に食べカスが付着するようになるので、放置すると虫歯になってしまいます

乳歯が虫歯になるのを防ぐことに加え、早い段階から歯磨きを習慣付けるためにも、赤ちゃんの歯磨きは必要です。

赤ちゃんの歯磨きはいつから?

離乳食を食べる赤ちゃん

赤ちゃんの歯磨きはいつから始めるべきなのか、迷うママが多いようです。赤ちゃんに前歯が生えてきたら歯磨き開始の合図と覚えておきましょう。

赤ちゃんによって時期は多少異なりますが、離乳食を始めるおよそ生後6ヶ月から1歳になるまでの間が歯磨きデビューの目安です。早くに歯が生えてきた場合は、生後2ヶ月頃から歯磨きをスタートする赤ちゃんもいます。

【月齢別】赤ちゃんの歯磨きのやり方は?

バスルームで歯を磨く赤ちゃん

赤ちゃんの口にいきなり歯ブラシを入れると、びっくりして歯磨きを嫌がってしまいます。まずは、歯磨きを嫌がらずにスムーズに始められるよう、無理のない範囲で少しずつ始めていきましょう

また、歯磨きは、毎日同じ時間におこなうようにすると習慣付けがしやすくなります

下記には、乳歯の生え具合と目安の時期毎に、歯磨きのやり方をまとめています。ただ、乳歯の状況によっても歯磨きの細かなやり方は異なるので、口の中をよく見て、歯磨き方法を変えていくことが大切です。

1.歯が生えるまでの間(生後間もなく~生後6ヶ月)

赤ちゃんにまだ歯が生え始めていない段階では、歯磨きをスムーズに始められるように準備をしておきましょう。口周りを軽く触ったり、口を大きく開ける練習をしたりしておくと、すんなりと歯磨きをさせてくれるようになります。

口に触れても嫌がらなければ次のステップ。ガーゼを巻き付けた指や綿棒で口内を触ってみましょう。水分を摂取した際は湯冷ましを与えても効果的です。

ただし、焦りは禁物。機嫌が悪い時や時間に余裕がなくて焦っている時などは、かえって逆効果となりますので、注意してください。先に説明したとおり、新生児期は唾液の分泌量が多く口腔内が比較的清潔に保たれているため、はじめのうちは「歯磨きは楽しいこと」と赤ちゃんが思えるようになれば十分です

2.下の前歯が生え出した頃(生後6ヶ月~8ヶ月)

歯が生えてきたら正式に歯磨きデビューです。下の歯は唾液の作用で虫歯になる可能性は低いものの、歯磨きに慣れるためにも、やさしく歯を磨いていきましょう。

最初は歯ブラシを使うのではなく、ガーゼを使って1日5~6回を目安に歯を拭いてあげます。食後は湯冷まし、または麦茶などを飲ませて食べかすを流すことも忘れずに。この頃は、まだ仕上げ磨きは必要ありません

3.上下の前歯が4本ずつ生え揃うまで(生後8ヶ月~1歳過ぎ)

上の前歯が生えてきたら、本格的な歯磨きに取り組みましょう。上の歯はあまり唾液が触れることがないため、虫歯になりやすく注意が必要です。特に上の前歯の裏は虫歯になることが多く、歯医者でも注意を受けやすいので念入りに磨くようにしましょう。

それまでガーゼを使用していた赤ちゃんも、この頃からは月齢に合った歯ブラシを使ってください。赤ちゃんに歯ブラシを持たせながら、ママ・パパが楽しく歯磨きをしている姿を見せるのも効果的。赤ちゃんが磨く真似をすればOKです。

この頃から仕上げ磨きが必須となります

赤ちゃんの嫌がる姿を見たくない、などの理由で仕上げ磨きを怠る人もいますが、歯磨きに慣れるのが遅くなるので、頑張ってトライしましょう。磨き終わったら、うがい代わりに湯冷ましを飲ませます。

なお、この時期から卒乳(断乳)する赤ちゃんが増えてきますが、卒乳(断乳)時期を逃し、就寝時の授乳を続けていたり、哺乳瓶でミルクなどの糖質を含む飲み物を飲ませていると、虫歯の原因になってしまいます。夜間の哺乳瓶や夜中の授乳回数を減らす(止める)、哺乳瓶をコップにするなどの工夫をしましょう(※1)。

4.奥歯が生えてくる頃(1歳と2ヶ月~6ヶ月)

奥歯が生えてきたら、赤ちゃんに自分自身で歯磨きをさせてみましょう。歯磨きを終えたらママ・パパが入念に仕上げ磨きをおこないます。食べカスが残っていないかを確かめながら、丁寧に磨いてあげましょう。

赤ちゃんの歯磨きは1日3回が目安ですが、就寝前の歯磨きは特に念入りにしてください。甘い食べ物や飲み物を口にした後も歯磨きは忘れずにおこないましょう。

5.乳歯が生え揃う頃(2歳~2歳半)

2歳になると、うがいができるようになります。うがいができるようになれば、歯磨き粉を使い始めましょう。1日3回の食後は歯磨きを習慣付けるようにします。

虫歯の危険性も高まってくるため、もし歯磨きのやり方に不安を感じるようであれば、定期的に歯科検診の受診をおすすめします。ほとんどの地方自治体では、1歳半と3歳に乳幼児歯科健診を行っています。忘れずに受診するようにしましょう。

赤ちゃんの歯ブラシの選び方を知りたい

歯の模型と色とりどりの歯ブラシ

初めての歯磨きや乳歯が生え始めた頃は、歯磨きガーゼで十分。乳歯が生え揃うまでには、月齢に合わせた「ベビー用歯ブラシ」と「仕上げ磨き用歯ブラシ」の2本を準備しておくとよいでしょう。

赤ちゃんの歯ブラシを選ぶ際は、次のようなポイントをチェックするようにしましょう。

  • 柔らかめの毛が密集している
  • 毛先が滑らかでフラット
  • 歯ブラシの柄が色付きで握りやすくなっている

赤ちゃんの口は小さいので、ヘッドが小さく磨きやすく歯ブラシをおすすめします。赤ちゃんの好きなキャラクターがプリントされた歯ブラシであれば、歯磨きに興味を持ってくれるかもしれませんよ。

実際はどうやって歯磨きしてる?先輩ママの体験談

1歳8ヶ月の先輩ママ

生後8ヶ月の時にようやく歯が生え始めましたが、初めは歯ブラシがおしゃぶり感覚だったこともあり、そんなに嫌がりませんでしたね。
今は、歯磨きの絵本やしまじろうの動画を見せたり、大人の真似をしたがるので、一緒に歯磨きすると真似してきたり。でもやっぱり嫌がるので、仕上げ磨きをするのに毎日追いかけ回してます(笑)ただ、歯磨き粉がとても美味しいようで、キャンディのように舐めてますよ!

4歳と2歳の先輩ママ

1人目は生後8ヶ月、2人目は1歳くらいの時に歯磨きデビュー。歯ブラシを咥えるのは好きだけど、磨くとギャン泣き(笑)
なので「お口にばい菌がいるー!ばい菌やっつけよう!」と言って磨いています。磨いている間はとにかく褒めて、終わったら「ばい菌いなくなったねー!」と声をかけて。
上の子は3歳くらいから泣かなくなりましたが、アロベビーの歯みがきジェルじゃないと磨いてくれません。下の子も泣ながら「もう一回歯磨き粉つけて!」とおねだりしてきますし。歯磨き粉の味って案外、重要なのかもしれませんね。

おすすめの赤ちゃん用歯ブラシを紹介

ここでは月齢や乳歯の生え具合に合わせて、おすすめの歯ブラシをご紹介します。

【~生後6ヶ月】ピジョン 親子で乳歯ケア 歯みがきナップ

ピジョン 親子で乳歯ケア 歯みがきナップ

出典:www.amazon.co.jp

歯が生え始めるまではコレ!

ウェットタイプの歯磨きナップです。メッシュのデコボコが、乳歯を傷つけずに汚れを拭き取ってくれます。キシリトールと緑茶ポリフェノール配合。ノンアルコール、無香料、無着色、防腐剤不使用です。

●内容量:42包入り
●対象年齢:生後7ヶ月~
●種類:キシリトール、いちご味
●税込価格:楽天/740円、Amazon/782円~

(2019年7月5日 13:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

【生後6ヶ月~1歳過ぎ】ピジョン 乳歯ブラシセット

ピジョン 乳歯ブラシセット

出典:www.pigeon.co.jp

下の前歯が生え始めたらコレ!

歯磨きの練習ができる歯ブラシセット。レッスン段階1がピンク(口の中に入れる練習)、レッスン段階2がイエロー(歯磨きに慣れる練習)、レッスン段階3がグリーン(奥歯を磨く練習)と月齢に応じて使い分けできます。

●内容量:3本
●対象年齢:生後6ヶ月頃~1才6ヶ月頃
●税込価格:楽天/997円、Amazon/697円

(2019年7月5日 13:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

【1才6ヶ月頃~】ライオンこども ハブラシ 1才半~5才用

ライオンこどもハブラシ 1.5-5才用

出典:www.rakuten.co.jp

歯が生え揃ったらコレ!

子供に大人気のアンパンマンがデザインされた歯ブラシ。太めで角のないハンドルなので、小さい子供の手でもしっかり握れて安心。ギザギザカットの細かい毛先で、歯と歯のすき間までキレイにみがけます。アンパンマンと一緒なら、歯磨きが好きになりそう!

●対象年齢:1才6ヶ月~5才
●税込価格:楽天/285円(3本)、Amazon/403円(4本)

(2019年7月5日 13:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

【ママ・パパ用】コンビ テテオ はじめて歯みがき 仕上げみがき用

コンビ テテオ はじめて歯みがき 仕上げみがき用

出典:www.combi.co.jp

仕上げ磨き用歯ブラシならコレ!

歯科の器具と同じように15度斜めのネックになっている仕上げ用歯磨き。歯の本数が1本から使用可能です。

●対象年齢:生後6ヶ月頃~
●税込価格:楽天/389円、Amazon/399円、定期便あり359円

(2019年7月5日 13:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

赤ちゃんの歯磨きに使う歯磨き粉はどうする?

歯磨き粉

赤ちゃんが歯磨き粉を使い始めるタイミングは、うがいができるようになる2歳頃からと一般的に言われています。その際は「赤ちゃん・子ども専用」の歯磨き粉を使うようにしましょう。

以下には、飲み込んでしまっても安心の、食品用原料配合の泡立たないジェル状歯磨き粉をピックアップしました。

アロベビー 歯みがきジェル

アロベビー 歯磨きジェル

出典:www.alo-organic.com

オーガニックスキンケアブランド、アロベビーから歯みがきジェルが登場。歯科医推奨の虫歯予防商品を数多く開発するメーカーと共同開発でうまれました。

キシリトール・乳酸菌などの天然成分で虫歯を予防。100%食品由来・フッ素不使用で飲み込んでも安心だから、歯の生え始めから使えます。ほんのり甘く美味しいオレンジ味なので、歯磨きが苦手な子供にもおすすめ。

●内容量:50g
●対象年齢:新生児~
●税込価格:1,595円
※初回725円(税抜)のお得な定期便あり

(2019年10月1日 11:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

販売サイトで見る

はっぴーす こども用歯磨き粉

はっぴーす こども用歯磨き粉

出典:www.hugkumiplus.net

虫歯予防に効果的な乳酸菌KT-11とラクトフェリンを配合した子ども用歯磨き粉です。100%食品原料を使用し、11つの添加物は無添加だから飲み込んでも大丈夫。歯磨きを楽しい時間にする無料専用アプリが使えます。おいしいフルーツミックス味は子どもにも好評。

●内容量:30ml
●対象年齢:生後6ヶ月頃~
●税込価格:4,980円
※初回1,980円のお得な定期便あり

(2019年7月5日 13:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

販売サイトで見る

ピジョン 親子で乳歯ケア ジェル状歯みがき[医薬部外品]

ピジョン 親子で乳歯ケア ジェル状歯みがき[医薬部外品]

出典:www.amazon.co.jp

薬用成分フッ素と食品に使われる成分で作られたジェル状歯磨き粉。研磨剤、発泡剤は無添加で安心。パラベンフリー・食品用原料成分を使用しています。種類は画像の「キシリトールの自然な甘さ」のほか、「いちご味」と「ぶどう味」があります。

●内容量:40ml
●対象年齢:生後6ヶ月頃~
●種類:キシリトールの自然な甘さ、いちご味、ぶどう味
●税込価格:楽天/428円、Amazon/431円

(2019年7月5日 13:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

赤ちゃんが歯磨きを好きになれるように工夫を

ママと歯磨きの練習をする赤ちゃん

赤ちゃんの歯磨き、最初のうちはなかなかうまくいかないことが多いかもしれません。歯磨きを嫌がってぐずったり、口を開けてくれなかったり。

しかし、歯磨きを好きになってくれるまで根気強く続けてください。例えば、家族で一緒に歯磨きの時間を設けたり、「口の中にいる悪い菌をやっつけよう」と楽しく伝えるやり方を取り入れてみると効果的かもしれませんよ。

歯磨きが終わった後は、めいっぱい褒めてあげると赤ちゃんのやる気がアップします。好きな動画や音楽などを活用して、楽しい気持ちで歯磨きをさせてみるのもひとつの方法です。将来、大切な赤ちゃんが虫歯に悩まされることがないよう、親子一緒に頑張りましょう!

※1 参考文献:厚生労働省 eヘルスネット 卒乳(断乳)時期とむし歯の関係

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールママをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter LINE@