ベビーカーの選び方とチェック項目、ママに人気の種類は?

ベビーカーは選び方が大切ですが、第一子だと初めてなのでどこをチェックすべきかわからないですよね。「A型とB型の違いは?」「人気の種類は?」気になるベビーカーの選び方について、おすすめ製品と併せてご紹介します。

ベビーカーの選び方、A型やB型ってどう違うの?

ベビーカー 選び方

ベビーカーは赤ちゃんが生まれてからの大きな買い物のひとつでしょう。機能も大きさも種類がたくさんあって悩んでしまいますよね。ベビーカーを選ぶ前に、まずは種類をチェックしておきましょう。

A型ベビーカー

販売数や選択肢が最も多いのがA型ベビーカー。生後1ヶ月~2歳ぐらい(製品によっては4歳ぐらいまで使用可)まで、長い期間使えるのが特長です。

首の座っていない赤ちゃんでも乗せられるように、座席がほぼフラットになるリクライニング機能がついています。また、赤ちゃんが進行方向を向いたり、反対にママと対面できたりと、切り替えができる「両対面タイプ」になっています。

A型ベビーカーは4輪タイプが多いですが、スタイリッシュな3輪タイプも近年は人気急上昇中です。

B型ベビーカー

B型ベビーカーは、生後7ヶ月くらいの「おすわり」ができる赤ちゃんから使用できるベビーカーです。赤ちゃんが座っていられることが前提なので、B型ベビーカーにはリクライニング機能がありません。その分、軽量化ができるため持ち運びしやすく、小回りも利きやすいのが特長です。

B型ベビーカーの多数が4輪タイプで、折り畳むと小さくなるので持ち運びも簡単。軽量タイプの中でも、棒状にまで細く折り畳める「ストローラー」と呼ばれる種類は、赤ちゃんが少し大きくなってからの買い換え用として人気です。

※なお、A型、B型は日本国内におけるベビーカーの種類です。そのため海外製品には、「A型相当」「B型相当」として販売されています。

マルチユースベビーカー

A型でもB型でもなく、スタイリッシュで人気を集めているのがマルチユースタイプのベビーカーです。座面を取り外すことができたり、少し変わった機能がついています。そのまま車に乗せてシートベルトで固定すればチャイルドシートに早変わり。赤ちゃんがベビーカーで寝てしまったら、座面に乗せたまま取り外して家の中に持ち込むことだってできます。

マルチユースベビーカーは産院を退院するときから使えますが、赤ちゃんが大きくなると、スマートな小型のベビーカーを買い替えする人が多いようです。

バギータイプ

とにかく「軽く」「持ち運びたい」人にはスマートなバギータイプがおすすめです。軽量化を目的としているため、片手でもラクに押すことができます。折り畳むこともできるため、車に入れてもかさばらず電車移動や階段でも持ち運びが簡単。

一方で、ベビーカーのような機能は充実しておらず、リクライニングや対面式はついていません。また座面のクッション性がよくないので、長時間の移動は向いていません。ベビーカーに比べると安めの価格設定になっています。

ベビーカーの選び方チェック項目

ベビーカー 選び方 赤ちゃん

簡単にベビーカーの種類は把握できましたか?次はベビーカーの選び方を、以下のポイント別に見てみましょう。実は、ママのライフスタイルとベビーカーの選び方には大きなかかわりがあるんですよ。

  • 赤ちゃんが生まれてすぐから使いたい
  • 移動手段は車が多い
  • いいえ、移動手段は電車やバス、徒歩が多い
  • メインのベビーカーと、買い替え用またはもう1台ほしい

1.赤ちゃんが生まれてすぐからベビーカーを使う人の場合

赤ちゃんの月齢がどれくらい小さな時からベビーカーを使うのかによっても、選び方が左右されます。まだ「ねんね」の時期からベビーカーでお出かけをしたい場合は、A型ベビーカーが必要です。

一方で、おすわりできるまでしばらくは抱っこ紐で過ごすという場合は、B型ベビーカーが乗れる時期まで待ってからの購入を検討してもよいかもしれませんね。

2.日々の移動手段は車が多い人の場合

日々の生活で車移動が多い場合は、ベビーカーを車のトランクに入れる前提で選ぶ必要があります。種類や製品を選ぶ際には、ママが運転する車に乗せられるサイズであるかを確認してください。チャイルドシートとしても使えるマルチユースタイプもおすすめです。

3.日々の移動手段は電車やバス、徒歩が多い人の場合

一方で、電車やバス、徒歩での移動が多いママは、A型ベビーカーがあるとやっぱり便利です。リクライニングや対面式の機能があると、長時間の移動も安心です。ただし、階段などエレベーターがない場所では、どうしても折り畳んで持ち運びが必要になるため、ママ自身が持ち運びしやすいかどうかを事前にチェックした方がよいでしょう。

4.買い替え用ベビーカーまたはもう1台ほしい人の場合

赤ちゃんの月齢が少し大きくなって買い替え用を検討する場合、また気軽にちょっと近所へ行く用のベビーカーがほしい人には、スマートな軽量タイプがおすすめです。折り畳みができるかどうかも大事なポイントです。価格が安めのバギータイプなら購入しやすいですよ。

ベビーカーの選び方はママが使いやすいかも大事

ベビーカー 選び方 ママ 使いやすさ

ベビーカーに乗るのは赤ちゃんですが、実際に扱うのはママ。ママが使いやすいベビーカーを選ぶのが大切です。

「ベビーカーの使いやすさ」のポイントとしては、・ハンドルの高さや押しやすさ、・重さや大きさ、・小回りは効くか、・折り畳みしやすいか、などが挙げられます。購入前に実際に押してみて、ママが使いやすいかどうかを試してみましょう。

ママに人気のベビーカーは?

数ある種類の中でも、実際にママに人気のある定番製品をピックアップしました。これからベビーカーを選ぶ人はぜひご参考ください。

ママに人気のベストセラー「コンビ メチャカルハンディ」

コンビ メチャカルハンディ

出典:www.amazon.co.jp

ママに一番人気といわれているコンビのメチャカルハンディ。生後1ヶ月から使えるA型ベビーカーです。製品名のとおり、最軽量4.2kgの軽量タイプで持ち運びがとてもラクちん。高さ50cmのハイシートなので、暑い夏でも地面からの距離を少しでも遠くできる仕様です。

●税込価格:楽天/39,800円、Amzon/49,800円
●対象月齢:生後1ヶ月~36ヶ月頃
●重量:4.2~4.8kg

(2018年7月24日 15:30時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

ヘビーユーザーママに人気の3輪タイプ「エアバギー ココブレーキ」

エアバギー ココブレーキ シトロン

出典:www.amazon.co.jp

3輪ベビーカーブランドのエアバギーの中でも、2016年に発売になったココブレーキ。生後3ヶ月から使えるB型ベビーカーです。比較的価格は高めですが、何しろおしゃれなデザインがこだわりママに人気。スタイリッシュでパパにもおすすめです。3輪タイプはタイヤサイズが大きいので、小さな段差なども乗り越えやすいのが特長です。

●税込価格:楽天/42,552円、Amazon/59,400円〜
●対象月齢:生後3ヶ月~
●重量:9.5kg

(2018年7月24日 15:30時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見る

安くて軽い「ジープ スポーツスタンダード」

ジープ スポーツスタンダード

出典:www.rakuten.co.jp

アメリカの自動車メーカー「クライスラー」のJeep(ジープ)のB型ベビーカーです。折り畳むと細くてコンパクトになるストローラータイプ。対象月齢は生後7ヶ月ぐらいから。持ち運びがしやすいので、電車やバス移動が多いママでも使いやすい仕様になっています。全体的にスポーティーな印象で、パパの使用やセカンドベビーカーとしてもおすすめです。

●税込価格:楽天/1,0798円、Amazon/9,817円
●対象月齢:生後7ヶ月~3歳頃
●重量:5kg

(2018年7月24日 15:30時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

ベビーカーは自分が納得できるものを選んで

ベビーカー 選び方 ママ 赤ちゃん

ベビーカーは安易に価格の安さなどで選んでしまうと、使いにくくて買い替えることになったり、使うのを我慢してしまったりと後々の後悔に繋がります。ベビーカーはそれぞれのライフスタイルによっても、使いやすさのポイントは変わってくるもの。

インターネットの口コミ評判やお店のおすすめも参考にはなりますが、赤ちゃんとママ自身のためにも、周囲の意見は鵜呑みにしすぎず、自分が本当に使いやすいと納得できるベビーカーを選んでくださいね。

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter Twitter