赤ちゃんのあせもの治し方や薬は?サラサラ肌を保つ対策法

赤ちゃんは体温が高く汗っかきなので、すぐにあせもになってしまいます。暑い夏だけでなく、秋や冬でも衣服の着せすぎや暖房で汗をかいてしまうことも。赤ちゃんの様子をこまめにチェックして、適切なケアをすればあせもは予防することができます。あせもができる原因や症状、治し方、自宅でできる対策法をご紹介します。

赤ちゃんのあせもの原因は?

夏 太陽 日差し

「あせも(汗疹)」は汗や垢で汗腺が詰まり、外に出られなくなった汗が皮膚の内側に溜まることで、炎症や発疹(水泡や丘疹)ができる皮膚トラブルです。

赤ちゃんの小さな体にもしっかり大人と同じ数の汗腺があり、皮膚の単位面積で比較すると大人の2~3倍の汗をかいています。

夏だけでなく、秋や冬でも、エアコンや洋服の着せすぎによって、汗びっしょりになってしまうことも。

ママ・パパが思っている以上に、赤ちゃんは汗っかきで、あせもを発症してしまいがちなのです。

赤ちゃんのあせもの症状は?

赤ちゃんのおしり

透明または白い小さな水泡ができるあせも

透明または白色で、1~3mm程度の小さな水泡(水ぶくれ)ができるあせもは「水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)」といい、あせもの中では一番軽い症状です。「白いあせも」といわれることもあります。

白いあせもの症状であれば、かゆみもなく、特別な薬を塗らなくても自宅ケアで自然に治ります。

室温を調整して赤ちゃんが過度に汗をかかないようにしたり、汗をかいたらこまめに拭く、着替えをさせるなどして、長時間汗が肌に残らないようにして対策しましょう。

かゆみや痛みを伴う赤い発疹ができるあせも

赤い炎症を伴う丘疹(発疹の一種で皮膚にできる小さな盛り上がり)ができるあせもは「紅色汗疹(こうしょくかんしん)」といい、強いかゆみやヒリヒリとした痛みの症状があります。「赤いあせも」といわれることもあります。

主に、首周り、手足のくびれ、おでこ、背中、脇の下など、汗をかきやすかったり皮膚と皮膚が密着している部分にできたりします。お腹や背中全体など、広範囲にできるのも特徴です。

かゆみがあるため、掻きむしると細菌に感染して、あせものよりや(※1)とびひ(※2)になってしまうことも。

※1あせものより・・・汗が出る穴に細菌が感染して化膿した症状。熱が出たりリンパ節が腫れたりする。

※2とびひ・・・正式名称「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」。細菌による皮膚の感染症。主にあせも、虫刺され、湿疹などを掻きむしり二次感染することで起こる。飛び火のように広がることからとびひといわれる。

赤ちゃんのあせもの治し方は?病院へ行くべき?

医師 病院

赤ちゃんのあせもは、かゆみが強くなく広範囲でなければ、自宅ケアで様子をみても構いません。自宅ケアと市販薬でよくなることもあります。

しかし、あせもの面積が広い、発疹の数が多い、かゆみが強い、などの症状があれば小児科または皮膚科を受診しましょう。

あせもを放置すると、前述のようなあせものよりやとびひに発展してしまうことがあります。

また、アトピー性皮膚炎の赤ちゃんはあせもが悪化しやすいため、特に注意が必要です。

赤ちゃんのあせもにはどんな薬を使えばいい?

外用薬 処方薬

赤ちゃんのあせもに市販薬を使う場合は、非ステロイド薬を選ぶようにしてください。薬局で薬剤師に相談してみるとよいでしょう。

桃の葉エキスやアロエエキスを使ったローションは、あせもの炎症を抑える効果はないため、悪化した症状には向いていません。軽度のあせもに使ったり、保湿ケアに使うようにしてください。

また、あせもの症状がひどい場合は、病院を受診し、医師に適切な薬を処方してもらいましょう。病院では、外用薬として亜鉛華軟膏を処方されることが多いです。

亜鉛華軟膏は、酸化亜鉛が主体の薬で、皮膚に塗ることで患部を保護・乾燥させてその間にあせもの回復を促します。細菌感染を防ぐ働きもあります。

しかし、あせもの症状の程度によっては、赤ちゃんにも使えるステロイド薬を処方されることがあります。いずれも、医師の指示に従い、処方薬の用法・用量を守って使用することが大切です。

赤ちゃんのあせも対策にできる自宅ケア

ベビーローションを塗ってもらう赤ちゃん

赤ちゃんのあせもは簡単にできてしまいますが、初期段階で適切に対策してあげれば早期治療は可能です。

赤ちゃんは自分で不快なことを伝えられないので、あせも予防はママ・パパがこまめに観察してあげることが大切ですよ。

汗を洗い流す、拭く

赤ちゃんのあせも対策は、何よりも肌を清潔に保つことを心掛けましょう。1日に1回のお風呂タイムでは、赤ちゃん用のベビーソープを使って毛穴に詰まった汗や皮脂汚れをきれいにしてあげます。

特に手足のくびれ部分やしわになっている部分は、指を入れて丁寧に洗うようにしてください。

夏場に汗をたくさんかいてしまったときは、その都度シャワーで汗を洗い流します。その際は、肌の乾燥を予防するために、ベビーソープは使わずぬるま湯でサッと流すだけにしましょう。

外出時に大量に汗をかいたときは、タオルでやさしく汗を拭いてあげてください。

◇おすすめケアアイテム! アロベビー ベビーソープ

頭も体もやさしく洗えるアロベビーのベビーソープ。泡の状態で出てくるフォームタイプなので、赤ちゃんを抱えながらでも片手で簡単にプッシュできます。生産から開発まですべてが純国産。99%以上が天然由来成分だから、新生児の赤ちゃんでも安心して使うことができます。石油系界面活性剤、パラベン不使用。

●内容量:250ml→300ml
●税抜価格:1,950円
※数量限定今だけ20%増量中

(2018年7月24日 14:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

販売サイトで見る

保湿ケア

赤ちゃんをお風呂に入れた後は、保湿剤で肌に保護膜をつくってあげましょう。

潤いのあるキメ細かい皮膚には、外部刺激から肌を守るバリア機能があり、あせもや肌荒れを起こしにくいです。

お風呂と保湿ケアを毎日の習慣にすることで、あせも対策だけでなく、アトピー性皮膚炎の予防にも効果があり、将来の健康な美肌にも繋がります。

保湿ケアには赤ちゃん用のベビーローションやベビークリームを使うようにしましょう。

◇おすすめケアアイテム! アロベビー ミルクローション

99%以上天然由来成分でできた、純国産オーガニックのベビーローション。世界的オーガニック基準のエコサート認証を取得し、新生児の赤ちゃんから安心して使うことができます。ホホバ種子油・シア脂配合の高保湿処方で、うるおいが長続き。乳液とクリームの効果を兼ねそろえているので、1本でしっかり保湿ケアが可能です。

●内容量:150ml
●税抜価格:2,300円
※お得な定期便もあります

(2018年7月24日 14:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

販売サイトで見る

◇おすすめケアアイテム!【夏だけ数量限定】アロベビー ローションミスト

シュッとひと吹きですっきり保湿!ミストタイプのローションが夏だけの数量限定品で登場しました。化粧水タイプなので汗ばむ肌にもさっぱりと使えて、ベタつきやすい夏場にぴったり。

ミルクローションと同様に7種の植物由来の抗炎症成分配合で、あせも対策におすすめです。99%以上天然由来成分で新生児から使用OK。

もちろん大人のボディミストとしても◎。冷蔵庫に入れてひんやり冷やして使う方法もおすすめです。たっぷり250ml容量なので家族みんなで使えます。

●内容量:250ml
●税抜価格:2,500円

(2018年8月10日 9:30時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

販売サイトで見る

こまめな着替えとオムツ替え

汗を吸った衣服やオムツを着用したままにしていると、あせもを引き起こす原因になってしまいます。

特に汗のかきやすい暑い季節は、こまめな着替えとオムツ替えを心掛けてください。少なくとも、お昼寝の前後1回は着替えをするようにしましょう。

外出時は着替えを持ち歩くとよいですよ。

通気性のよい衣服を着せる

衣服は汗を吸いやすい綿素材を選びましょう。夏場であれば、メッシュ素材の肌着がおすすめです。

暑さ対策として、夏用ロンパースやTシャツには、背中がメッシュ素材になっているものもあります。

秋や冬でも、衣服を着せすぎていないか、赤ちゃんの首裏に手を当てて、汗をかいていないか確認してあげましょう。

ベビーパウダーを使う

赤ちゃんのあせも対策には、肌を清潔にすると共に肌をサラサラに保つことが大切です。

ママ・パパの幼少期によく使われたベビーパウダーは、使い方に気を付けないと毛穴を塞ぎ、あせもを悪化させてしまう可能性も。

厚塗りしないように、ママの手にとって薄く伸ばす程度であればあせもに効果はありますよ。

室温を調整する

大人よりも新陳代謝が活発で体温が高い赤ちゃんは、必ずしも大人と同じ環境が快適であるとは限りません。

赤ちゃんは「暑い」と感じていても、自分で服を脱ぐこともクーラーをつけることもできないため、ママ・パパが気を遣ってあげることが大切です。

赤ちゃんにとって快適な室内温度は、夏場は27~28度、冬場は22~23度を保ちましょう。

外出はなるべく涼しい時間帯に

暑い季節に赤ちゃんとお出かけする場合は、できるだけ涼しい時間帯に移動しましょう。

夏はベビーカーの中に保冷材を入れてあげるなど、温度を下げる工夫をしましょう。ベビーカーは地面に近いため、大人が感じる体感温度以上に暑くなっている可能性があります。

朝や夕方といった涼しい時間帯に外出することで、あせも対策だけでなく、熱中症対策や日焼け対策にも効果的です。

赤ちゃんのあせもは自宅ケアで予防・対策ができる

スキンシップを楽しむ赤ちゃんとママ

赤ちゃんはママ・パパが思っている以上にあせもになりやすいです。

軽度のあせもであれば、自宅ケアで治すことができるため、今回ご紹介した自宅ケアを一度見直してみてくださいね。

ただし、あせもは悪化するとあせものよりやとびひに繋がってしまうことがあるため、症状がひどいようであれば病院で相談してみてください。適切な薬を処方してもらえますよ。

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter