乳児湿疹の予防に徹底したい自宅ケア、おすすめのケア製品は?

乳児湿疹は多くの赤ちゃんが一度は経験します。カサカサだったりかゆみのあるブツブツができたり、原因や症状は様々。アトピー性皮膚炎に発展する可能性も!そんな乳児湿疹の予防・対策に効果的なケア方法とおすすめスキンケアグッズをまとめました。

新生児・赤ちゃんに現れる乳児湿疹とは?どんな症状?

赤ちゃん 肌

乳児湿疹は、「乳児期の赤ちゃん」つまり新生児から1歳ごろまでの赤ちゃんに現れる乳児期特有の湿疹です。ほとんどの赤ちゃんが少なくとも一度は乳児湿疹を経験します。顔にできるぶつぶつも頭皮にできるじゅくじゅくも、原因や症状は異なりますが、赤ちゃんの肌荒れをすべて総称して乳児湿疹と呼ばれています。

代表的な乳児湿疹の種類と症状をご紹介します。

新生児ニキビ

生後1週間~3ヶ月ごろの新生児の赤ちゃんにみられる乳児湿疹です。思春期のニキビと同じように、ほっぺやおでこに赤色や皮脂の芯がある黄色のぶつぶつの湿疹が現れます。赤ちゃんの顔全体が真っ赤になるほど広範囲にニキビができることもあります。

乳児脂漏性湿疹

新生児期~生後4ヶ月くらいまでの赤ちゃんに多い乳児湿疹。首から上の部位(おでこ、ほっぺ、眉毛)にフケのようなカサカサができたり、頭皮に黄色いかさぶたのような皮膚炎ができるのが特徴です。見た目には痛々しく感じますが、赤ちゃん自身にかゆみは痛みはありません。乳児脂漏性湿疹を放置すると、皮脂が酸化し加齢臭のような臭いが出ます。

おむつかぶれ

おむつと肌がこすれる部分、またおむつにおおわれている部分に赤く湿疹ができる代表的な乳児湿疹です。おむつをしている間は、頻繁に繰り返し発症してしまいます。症状がひどいときは、血がにじむほど真っ赤になることも。おむつかぶれはかゆみや痛みを感じるため、赤ちゃんにとっても不快です。

あせも

大人のあせもと同じように、汗が溜まりやすい部分に痛みとかゆみを伴う赤い湿疹ができます。汗っかきで体温が高くむちむちな体を持つ赤ちゃんは、特に手足のくびれ、首のシワにあせもができやすい傾向があります。

乾燥性湿疹

肌が乾燥に耐えられずカサカサになり、かゆみを伴う乳児湿疹が発生します。主に肌を露出しているほっぺや手足、面積の広いお腹や背中に症状が現れます。乾燥していると皮膚のバリア機能が低下してしまうため、衣類とのこすれやよだれ、食べこぼしなど、少しの外部刺激でも乳児湿疹が起きやすくなってしまいます。

乳児湿疹の原因は?

疑問 ?

生まれて間もない新生児の赤ちゃんは、一時的に増える男性ホルモンの影響で皮脂分泌が盛んです。そのうえ新陳代謝がよくとても汗っかきなのに対して、まだまだ毛穴が未発達なため、皮脂汚れや汗が毛穴に詰まりやすいのです。新生児ニキビや乳児脂漏性湿疹、あせもといった乳児湿疹は、この過剰な皮脂分泌と汗が原因となっています。

一方で、生後1ヶ月半~4ヶ月くらいになると皮脂分泌が落ち着き、今度は急激な乾燥が進みます。赤ちゃんの肌は大人の2分の1程度の薄さしかなく、水分をとどめておくことができません。そのため季節を問わず乾燥肌になりがち。

肌がカサカサしていると、皮膚を外部刺激から守ってくれる「バリア機能」が十分に働かないため、乳児湿疹を起こしやすいという悪循環に。また、ホコリなどのアレルゲンが皮膚内部に侵入しやすくなってしまうため、アレルギー体質を持っている場合は、アトピー性皮膚炎を発症してしまう可能性もあるかもしれません。

乳児湿疹=アトピー?赤ちゃんの肌荒れとアレルギーの関係

アレルギー アトピー 検査

「乳児湿疹とアトピーの違いは?」「見分け方は?」多くのママたちが疑問を感じる点ですよね。そもそも乳児湿疹とアトピー性皮膚炎は症状が似ているため、医師でも見分けるのが難しいといわれています。

乳児湿疹は成長と共に治まっていくもの

乳児湿疹は乳児期特有の期間限定の肌荒れ症状なので、赤ちゃんの成長と共に1歳を過ぎると自然に治まっていきます。1~2歳を超えても慢性的な湿疹が続く場合は、アトピー性皮膚炎の可能性があるため、医療機関で一度アレルギー検査をしてみるとよいですね。

アトピーの定義

乳児湿疹とアトピー性皮膚炎の違いは慢性的に症状が続くかどうか。日本皮膚科学会のアトピーガイドラインによると、「皮疹が頭、顔から出現し、しばしば体幹や四肢に拡大すること」、かつ「乳児の場合は2ヶ月以上症状が続く場合(乳児期以外では6ヶ月以上)」をアトピー性皮膚炎と定義しています(※1)。

母乳アレルギーの可能性も

「乳児湿疹は母乳が原因」という話を聞いたことはありませんか? 確かにママの食事によって母乳の質が左右され、乳児湿疹や健康に影響があるのも事実です。しかし、もしかすると単なる乳児湿疹ではなく、母乳がアレルギーとなってアトピー性皮膚炎を引き起こしている可能性があります。ちなみに、アレルギーは食べ物がアレルゲンであると思い込んでいる人が多いですが、実際にはハウスダストやダニといったものにアレルギー反応を起こす赤ちゃんも少なくありません。

カサカサもじゅくじゅくもこれで改善!乳児湿疹に効果的な5つのケア

赤ちゃん 肌

およそ全体の8割もの赤ちゃんに現れるといわれる乳児湿疹。基本のケアを徹底して乳児湿疹の「原因」を排除することで、しっかりと予防・対策ができますよ。3歳までにスキンケアをしっかりしてあげることで、健やかな肌をキープする力が身につき、将来の美肌にも繋がるのだとか。

どのケアも難しい方法ではありませんので、毎日実践してあげましょう。

1.お風呂ケア

生後1ヶ月半~3ヶ月頃までの赤ちゃんは、とっても皮脂分泌量が多いのが特徴です。この時期の乳児湿疹対策は、特にお風呂ケアが大切。皮脂汚れをきれいに洗い流し清潔を保ってあげましょう。

とはいっても、ゴシゴシと力を入れて洗ったり、長時間の入浴は逆効果。必要な皮脂までもを取り除いてしまいます。お肌に負担をかけないように、1日に1回だけ、なるべく手際よく洗ってあげます。赤ちゃん用のベビーソープを使い、しっかり泡立てて泡で撫でるようにやさしく洗ってあげましょう。摩擦でお肌を傷つけないようにするのがポイントです。シワになっている部分や、耳のうしろや首回りなども忘れずに。

アロベビー ベビーソープ

アロベビー ベビーソープ

出典:www.alo-organic.com

●内容量:250ml
●税抜価格:1,950円 ※お得な定期便もあります

ベビーソープはポンプを押すだけで泡が出てくる泡タイプベビーソープがおすすめ! 泡立てる必要がないので、まだ首が座っていない時期の赤ちゃんでも片手で支えながら簡単に洗うことができます。

アロベビー ベビーソープは、肌荒れしやすい赤ちゃんも安心して使えるように、化学成分は含まずに天然由来成分を99%以上配合しています。泡立ちと泡切れのよさが特長。洗い上がりもつっぱらずにもちもちします。

販売サイトで見る

ピジョンオーガニクス ベビーソープ

ピジョンオーガニクス ベビーソープ

出典:www.rakuten.co.jp

●内容量:130ml
●税込価格:680円~

老舗スキンケアメーカー ピジョンのオーガニックラインのベビーソープです。液体タイプ派はこちらがおすすめ。天然由来成分を99.9%配合しており、新生児から安心して使えます。乾燥しやすい赤ちゃんの肌特性に配慮し、高保湿成分のバオバブシードオイルを配合しています。

楽天市場で見るAmazonで見る

2.保湿ケア

乳児湿疹の予防・対策には保湿ケアが欠かせません。保湿をしてあげることで、肌のバリア機能が高まり皮脂バランスが整うため、乳児湿疹の予防に効果的です。保湿ケアを習慣づけるだけで、大半の乳児湿疹は改善が期待できますよ。うるうるに潤いを保っている皮膚にはアレルゲンが侵入しにくいので、アトピー性皮膚炎の予防にも有効です!

赤ちゃんの保湿ケアには、肌に水分を補給してくれるベビーローションが必須です。お風呂上がりは肌がやわらかくなっていて保湿剤が浸透しやすいため、ベビーローションをママの手に取り、やさしくマッサージするように顔と全身に塗ってあげましょう。保湿剤はケチらずにたっぷりと使うのがポイント。

おむつ替えのとき、汗をふいたあと、口周りのよだれ・食べこぼしをきれいにしてあげたあとも、保湿ケアをしてあげてください。乾燥が激しい部分には、より保湿力の高いベビークリームやベビーバームなどをプラスしてケアしてあげるとよいですね。

アロベビー ミルクローション

アロベビー ミルクローション

出典:www.alo-organic.com

●内容量:150ml
●税込価格:2,484円 ※お得な定期便もあります

「乳児湿疹の予防・対策に効果があった」とインターネットや育児雑誌の口コミで人気が広がった純国産オーガニックベビーローションです。Amazonや楽天のランキングでも第1位を獲得しています。人気の秘密は、伸びがよいのに保湿力が高く長続きするところ。肌荒れしやすい赤ちゃんにも安心して使えるように、化学成分は含まず天然由来成分を99%以上配合しています。世界でもっとも権威あるオーガニック認証のひとつであるフランスの「エコサート」認証を取得しています。

販売サイトで見る

ヴェレダ カレンドラベビーミルクローション

ヴェレダ カレンドラベビーミルクローション

出典:www.amazon.co.jp

●内容量:200ml
●税込価格:2,376円

ヴェレダはヨーロッパ発の人気オーガニックスキンケアブランド。オーガニック原料を95%以上使用している安全なベビーローションです。古くから肌荒れ予防に使われてきた「カレンドラ」成分を配合しているため、乳児湿疹ケアにぴったり。マイルドな香りに改良されて、以前よりも使いやすくなりました。

楽天市場で見るAmazonで見る

3.爪切りケア

赤ちゃんは大人と違って、肌が乾燥しているとかゆみに耐え切れず、掻きむしってしましまいます。ひっかき傷の細菌が原因となって、感染性の皮膚トラブル「とびひ」になってしまうこともあります。肌を傷つけないように、常に爪は短く切っておきましょう。乳児湿疹がひどいときには、手にミトンをつけてあげるのもよいですね。

4.衣類・寝具のケア

乳児湿疹の予防・対策には、赤ちゃんの肌に触れるものは常に清潔にするよう心掛けてください。赤ちゃんは1日の大半を寝て過ごすため、寝具についた皮脂やよだれの汚れ、ほこりなども乳児湿疹の原因になってしまいます。

また、衣類は通気性のよい素材を選び、汗をかいたらこまめに着替えさせるようにしてください。赤ちゃんは体温調節が苦手なので、基本は薄着にして重ね着をすることで対応しましょう。汗をかきやすいので大人よりも1枚少ないぐらいがちょうどよいですよ。

5.湿度・室温のケア

夏場は汗をたくさんかいてあせもになりやすいため、赤ちゃんが快適に過ごせるように適切な室温を保ちましょう。高温多湿な日本であっても、冷房は27度前後に保ち、冷気を直接赤ちゃんに当てないようにすることも必要です。

特に外気が乾燥する秋~冬にかけては、赤ちゃんの肌がもっとも乾燥する季節です。外気の乾燥によってすぐにカサカサの乳児湿疹になってしまうため、湿度にも気を配りましょう。湿度計と加湿器を用意し、50%台ぐらいの湿度にしておくと乾燥予防に理想的です。

それでも肌のカサカサ乾燥が気になる場合は、ベビーローションなどでこまめに保湿ケアをしてあげましょう。

乳児湿疹のケア製品は天然由来成分を選んで

オーガニック 天然由来 成分

敏感肌でちょっとした刺激にも弱い赤ちゃんに使うスキンケア製品は、成分をしっかり確認してから購入しましょう。化学合成成分や添加物、合成着色料、合成香料、アルコールが含まれているケア製品には注意が必要です。せっかくスキンケアをしているのに、製品自体の成分が肌への負担となり乳児湿疹の原因になってしまっては意味がありません。

「ベビー用」や「赤ちゃんも使える」と表記があるケア製品の中にも、化学成分が含まれていることは珍しくありませんので、事前のチェックは大切です。フランスの「エコサート」やアメリカの「USDA」のように、オーガニック認証を取得していたり、アレルギーテスト済のケア製品であることは、安心できるポイントとしてチェックするとよいですね。

また、国産製品のほうが、日本人の赤ちゃんの肌質に合わせてつくられているため、よりおすすめです。

(なお、防腐剤はケア製品の品質維持のために必要な場合があります。)

ケアしても乳児湿疹が治らないときは薬は使うべき?

乳児湿疹 薬

乳児湿疹の薬は医師の指示に従う

上記でご紹介したような基本のケアを続けることで、大体の乳児湿疹は改善が期待できます。しかし乳児湿疹はそれぞれ原因が異なるため、中には自宅ケアだけでは症状が悪化してしまうこともあります。乳児湿疹の症状がひどい場合や長期間長引く場合は、かかりつけの小児科や皮膚科を受診して医師の判断を仰ぎましょう。

乳児湿疹の薬には大きく分けて、「非ステロイド系外用薬」と「ステロイド系外用薬」があります。非ステロイド系の塗り薬は、副作用がほとんどないため、赤ちゃんにも安心して使えます。対して、ステロイド系の塗り薬は効果が高い分、くせになってしまったり副作用が心配されます。

しかし、ステロイドはそもそも乳児湿疹の症状が軽い場合は処方されることはありませんので、医師の指示に従い、用量・用法を守って正しく使うことが大切です。一番よくないのは自己判断で薬を使うこと。「以前処方された薬が残っているから」「ステロイド薬は赤ちゃんに心配だから」などの理由で勝手に判断しては、乳児湿疹が悪化し赤ちゃんに余計つらい思いをさせてしまいますよ。

乳児湿疹の薬はアトピーには効かないことも

一方で、乳児湿疹の薬はアトピー性皮膚炎には効果はなく、かえって症状が悪化する可能性もあります。「乳児湿疹」と診断されて処方された薬を使い続けても、効果がみられなかったり悪化した場合は、薬を使い続けずに医師に相談しましょう。乳児期の肌荒れの原因は、医師でも正確に診断するのが難しいとされています。ママ・パパが責任をもって赤ちゃんの様子をみてあげてくださいね。

乳児湿疹は毎日のケア次第で予防・対策できる

赤ちゃん ママ

乳児湿疹は、毎日のケア次第で予防・対策が期待できます。かわいい赤ちゃんのお顔が乳児湿疹で痛々しいのはママ・パパとしてもつらいものですよね。赤ちゃんのもちもちですべすべな肌を守ってあげるためにも、大人以上の細やかなスキンケアが必要です。赤ちゃんの肌にやさしいケア製品と、ママ・パパへの愛情の“ダブルケア”で、将来の健やかな美肌をつくってあげましょう。

※1 参考文献:日本皮膚科学会ガイドライン「アトピー性皮膚炎診療ガイドライン2016 年版」

シェリールママをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter